2015年8月 1日 (土)

シュメールの中の日本の神々

Japanese Gods in Sumeru シュメールの中の、日本の神々 Japan in Mithraism, and I say here that, Japan is the Land of Gods ミトラ教の中の日本(日本は神々の国でした。) Japan where Gods were born and raised up. 日本、神々の生まれ育ちし国 Its Evidence and Proof (その証拠と証明) と思われます。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/HnCMXSKRdB4 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is very essential for people overseas as well as for us Japanese. Because I say here that Gods in ancient Japan has a very close connection with Sumerian Gods. I know few people overseas know the name of the pre-history book in Japan,, named “Koziki” or “Ancient Writing in Japan”. There we see dozens of names of Gods who initiated the history of the world. I found Enlil and Enki in the book together with Ahura Mazda, or Anu, king of kings on this planet, the Erath. First you see Sumo wrestler, greeting to Gods when he won the game. 相撲の手刀をご存じですか。 勝った力士は3度、手刀を切ります。 まず左に、カミムスビノカミ、つぎに右に、タカミムスビノカミ、そして最後に、中央に、アメノミナカヌシノカミに、手刀を切ります。 これらの神々が、そのまま、エンリル、エンキ、そしてアフラマズダ(もしくはアヌ王)であることを、証明します。 日本の神々は、そのままシュメールの神々、そしてバビロニアの神々へとつながっていたのです。 この絵は、ミトラ教の神事の様子を表したものです。 向かって左にいるのが、エンリル、右にいるのが、エンキ。 エンキは三角形で表現されています。 後のフリーメイソンのシンボルマークにもなりました。 そして中央にフリジア帽をかぶったミトラがいますが、これはミトラ教の神事だからです。 それ以前は、当然、アフラマズダ、もしくはアヌ王がいたもの These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 June 24rd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 相撲,手刀,アフラマズダ,アフラ・マズダSumo,アメノミナカヌシノカミ,カミムスビノカミ,古事記,Kojiki,koziki,ancient history of japan,Japanese ancient history,日本の古代史,タカミムスビノカミ,ミトラ教,Enlil,Enki,Enlil,大仙陵,daisenryo mound,神々,日本,Japan,Secret of Japan,hiroshi hayashi,はやし浩司,holy rings,simenawa,shimenawa,Giza,Egypt,Gods’ Land,Japan,be ambitious,queen with mask,Jomon Venus,hurusato,ふるさと,故郷, Saitobaru,Ise,Ise Shrine,Dazaifu,Usa,Izumo,Japan,Line theory,Hiroshi Hayashi, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1472+351 Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan (A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan) 銅鏡の裏面にある、謎の目盛り (犬山市・東之宮古墳+宗像大社の卑弥呼の銅鏡) 宗像大社の謎の銅鏡、まさしく国宝 Mystery of Disk Mirror at Munakata Shrine, Munakata-city, Kyusyu Island, japan I hereby show you the most important Disk Mirror now in Japan. This is it and this has got a greatest mystery of Calendar. 宗像大社に残る銅鏡を紹介します。まさに国宝。卑弥呼にいちばん近いところにあった銅鏡です。沖ノ島との関係も、このビデオの中で、説明します。 My wife and I had a very good time with some of good people in Komaki-city, Mr. Masanori Yatagai and his friends who guided me around the city. Higashino-miya Mound is one of them and there several disc mirrors have been unearthed. Here it’s my pleasure to show one of them and it has got graduations along with the circumference of the mirror. They say these are “mirrors”, but they have another more important meanings on the reverse side of the mirror, about which little attention is paid. Are these just mirrors? No! I show you another evidence that these are NOT. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/5CgkjwfBM6s Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 谷田貝将典さんの案内で、愛知県犬山市にある、東之宮古墳へ行ってきました。 成田山の裏手の山の頂上付近にあると思っていただければ、わかりやすいと思います。 成田山は、その下にあります。 言い換えると、成田山は、この東之宮古墳の下に造営されたと考えることもできます。 山に登りながら私が考えたことは、どうしてこんな山の中の頂上に、です。 たいへんな工事だったと推察されます。 もし、人間が造ったなら、ということですが。。。 東之宮古墳は、愛知県でももっとも古い古墳と考えられています。 また同時に、多数の銅鏡が発掘されたことでもよく知られています。 これらがその銅鏡ですが、その中のひとつに注目してみました。 犬山市が発行する、資料の表紙を飾っている銅鏡です。 最初、それを見たとき、あまりにも美しい、つまり保存状態がよいのに驚きました。 目盛りがしっかりと読み取れます。 こうした銅鏡はたいへん珍しく、沖ノ島で見つかった卑弥呼の銅鏡と言われるものよりも、美しい銅鏡ということになります。 現在、その卑弥呼の銅鏡は、福岡県の宗像大社に保存、展示されています。 そのビデオは、このビデオのあとに、つなげておきますから、どうかご覧ください。 その卑弥呼の銅鏡には、とんでもない謎が隠されていました。 #351で、ちょうど2年前の2013年の6月に私が発見し、ビデオ化したものです。 みなさんも驚かれると思いますが、銅鏡は、表の鏡ばかりが注目されていますが、これはおかしいですね。 銅鏡の裏側、つまり今まで銅鏡の「飾り」と考えられていた裏側にこそ、もっと重要な意味が隠されていたのです。 今まで、その謎解きに挑戦した人はいません。 少なくとも、2013年の6月に、私が宗像大社にある卑弥呼の銅鏡の謎に挑戦するまで、そうした視点で、銅鏡の謎を考えた人を、私は知りません。 (参考、ウィキペディア百科事典) 古代には、冬至を1年の始まりとしていた。 その名残で、現在でも冬至は暦の基準とな っている。中国や日本で採用されていた太 陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義 しているが、19年に1度、冬至の日が11 月1日となることがあり、これを朔旦冬至 (さくたんとうじ)という。太陰太陽暦 では、19年7閏の周期を「章」と称し、古 い章から新しい章への切り替えとなる年を 新しい章の最初の年という意味で「章首」 と呼んだ。章首の年にはまず前の章の締め くくりに当たる7番目の閏月を迎え、その 後に到来するその年の冬至をもって新しい 章の開始とされた。そして、その章首にお ける冬至の日は必ず朔旦冬至となるように 暦法が作られるのが原則とされていた。 朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、 19年7閏原則に基づく暦が正確に運用され ているということである。暦の正確さは、 政治が正しく行われていることの証である として、朔旦冬至は盛大に祝われた。中国 では古くから行われ、659年に偶々遣唐使 が唐の都・洛陽に滞在中で儀式への参加が 許されている。日本では唐風儀式の取り入 れに積極的であった桓武天皇の784年に初 めて儀式が行われた。なお、11月1日は元 々翌年の暦を天皇に奏進する御暦奏も行われ ていたことから、非常に盛大な行事となった。 日本暦学の祖といわれる吉備真備が遣唐使 の一行の一人としてAD735年に唐から持 ち帰ったものの中にも「測影鉄尺一枚」と、 太陽の影の長さを測るための道具(冬至の 日を求めるためにつかう)の名が見える。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 June 24rd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1473+1375+1163+1161+1160 Aliens’ Paintings(Its Proof and Evidence) エイリアンによって描かれた絵画(その証拠と証明) 新疆古代岩画測年国際協力研究考察チームはこのほど、新疆ウイグル自治区カバ県の多尕特洞窟カラー岩画群を考察中に飛行機のような形をした絵を発見した。 考古学者は6月12、13日の考察研究後、「多尕特洞窟岩画群はアルタイ地区で岩画が最も多い場所であり、時期と年代は異なるが、それぞれの時期の特徴が見られる」と話した。【Mystery of Eight Hand Prints in Caves(謎の手形)】 What for and why? And why are people so much skeptical to see the facts? 何のため、どうして? また人々はそこにある事実について、そんなにも懐疑的なのか? Mystery of Hand-print Painting in Mulka’s Cave(マルカ・ケイブの手形の謎) Aliens, who came to this Planet, the Earth, 40,000 years ago.(Its Evidence and Proof) 4万年前に地球へやってきたエイリアン、その証拠と証明 (エイリアンは少なくとも4万年前から、この地球にいます。今もここにいます。その証拠と証明。) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/pHJ4oDAi0fg Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 KO24 June 25th, 2015 (Nov.18th, 2014) Xinjiang,新疆,手形,ポンダルク,ポン・ダルク,Pont darc,Chauvet,Lascaux,ラスコー,洞窟の手形,手型,Gua Tewet,Mulka’s Cave,Elcastillo Cave,Oxtotitlan,Mulka’s Cave,Australia,hand print painting in Mulka,手形,マルカ,マルカ・ケイブ, Boyd Bushman,Aliens Hand,Aliens’ hands,エイリアンの手,SHIGE,Lascaux,Pha Taem,Cueva de la Manos,Sulawesi,インドネシアの手形,タイの手形,手形,謎の手形,手型,hand prints,茅野市,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1474+1376+1190+1138B+833+1092 【History of Gods】 神々の歴史 Where are we from and where will we go? 【Story of Gods】 First of all, I’d like just to say, this is a STORY. A kind of Fiction. According to Xecharia Sichin, there used to be two Gods. One is Enlil, and another one is Enki. Both were opposed to each other on the modification or improvement of human-beings. Enki, however,  did it, against Enlil. Enki improved the breed of human-beings. Then human-beings were born. +On Humans:Where did Humans come from and where will Humas go? Tall Whites or Nordics 人間について:人間はどこから来たのか、またどこへ行くのか・トールホワイト(ノルディック編) ○Gods’ Greeting Cards(神々が残した名刺) Human Race were created and invented by Aliens outside this solar system, long time ago, about several billions years ago. Its scientific evidence. 人間はこの太陽系外で、エイリアンによって数十億年前に作られた。その科学的証拠。 『Their research has led the scientists to conclude that we were invented "outside the solar system, already several billion years ago". 要するに、彼らの研究によれば、結論はこうである。私たち人間は、太陽系の外で発明され、すでにそれから数10億年がたっているということ。 One mystery remains: If we were the creation of aliens, who created them? ひとつの謎が残る。それはもし私たち人間が、エイリアンによって作れられたものだとするなら、そのエイリアンは、だれによって創られたのかという謎である』(UFO Sightings Hotspotより) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/hvwT5UCq5MY Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 June 26th, 2015 (Nov.18th, 2014) 神々の歴史,History of Gods,Nordic,tall whites,白人種,Jupiter,ジュピター,神々の名刺,per aliens,humanoids,god of gods,神の中の神,スーパー・エイリアン,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,gene manipulation,遺伝子操作,Hamamatsu-city,浜松,遺伝子,作られた人間,作られた神々, Eye of Providence,Prometheus,プロメテウス,Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン,21世紀宇宙の旅,Space Odessay,Also,Junk DNA,Yoshihiro Akita, sprach Zarathustra,Statue,iberty,Baccus,Dionysos,Freemason,Zoroastrianism,HiroshiHayashi 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1475+Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan (A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan) 銅鏡の裏面にある、謎の目盛り (犬山市・東之宮古墳+宗像大社の卑弥呼の銅鏡) 宗像大社の謎の銅鏡、まさしく国宝 Mystery of Disk Mirror at Munakata Shrine, Munakata-city, Kyusyu Island, japan I hereby show you the most important Disk Mirror now in Japan. This is it and this has got a greatest mystery of Calendar. 宗像大社に残る銅鏡を紹介します。まさに国宝。卑弥呼にいちばん近いところにあった銅鏡です。沖ノ島との関係も、このビデオの中で、説明します。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/5CgkjwfBM6s Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【ransukeさんより】 (2015-06-25) 私も東之宮古墳の銅鏡の三角形と半円形を数えてみました。 結果は、はやしさんと同じです。 (目盛は読み取れませんでしたが360前後はありそうです。) ①161=7×23 ②139 素数 ③103 素数 ④89+? ?部(Gブロック)の画像をみると三角形が13個ある ようにみえます。 161+103+89+13=366(365+1) 又は、13個の内7個を⇒1つにまとめているようにもみえます。 (1人の天使部分) 残り6+1=7 161+103+89+7=360(30×12) 合計すると 161+139+103+89+13=505 又は 161+139+103+89+7=499 一方、卑弥呼の銅鏡は 19×7=133 130+121+115=366 133+366=499 残りの目盛を足すと 499+365=864 ⇒6×6×6×4 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 June 26th, 2015 (Nov.18th, 2014) 犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1476+1379+360+ALL +Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan アステカカレンダーがカレンダーで、銅鏡がただの鏡ですか? (総合編)銅鏡に彫られた北極の地図【ETの物的証拠(銅鏡)】 支配者は、エイリアン、その確たる証拠(銅鏡の再検証) The rulers of this earth are Aliens and its physical Evidence(Re-examined Editon) This is the Evidence or what else do you want?  Answer to Disk Mirror and Himiko and Himoko was an Alien. Here I can show you the physical evidence. +Here in this video I show you again a disc mirror, unearthed at Okinoshima Island where more than 20 thousands of treasure artifacts have been unearthed . It is called Himiko’s Disc Mirror. Japanese archaeologists claim that these disc mirrors are just Mirrors, which have no further significance than just mirrors. Is this true? 日本の考古学者は、銅鏡をただの鏡と位置付けていますが、銅鏡はただの鏡ではありません。私たちが銅鏡の「裏」と呼んでいる、その裏面部にこそ、重大な意味が隠されているのです。ここでは沖ノ島で発掘された、卑弥呼の銅鏡を例にあげて、それを考えてみます。 なおこのあとに、明治時代に長持山古墳で発掘された銅鏡について検証したビデオをつなげておきますので、どうか、ご覧になってください。あなたもそれを見れば、銅鏡がただの鏡でないことがわかるはずです。 その銅鏡には、「365」「366」「133」という数字が、しっかりと刻み込まれていました。365と366、です。どういう意味をもつか、もうおわかりですね。で、133というのは、19x7。つまり朔さん冬至から朔さん当時までが、19年。それを7回繰り返して、「章」と言います。つまり133年。つまり古来より、政権も133年つづいてはじめて、その政権が安定したとみられていました。盛大な祭りが祝われました。133という数字は、そういう数字です。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【#1476all】 https://youtu.be/Is-SjpFVNWU 【#1379】 https://youtu.be/vHvtgfvSHfY 【#360 English】 http://youtu.be/1jfsRh92CLk 【#360 日本語】 http://youtu.be/tShKO5ZzsCY Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 June 28th, 2015 (Nov.18th, 2014) はやし浩司 Hiroshi Hayashi 神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島,宗像大社,アステカ・カレンダー,アステカカレンダー,Azteca Calendar,銅鏡カレンダー説,犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,北極,地図,銅鏡の地図,エイリアンの証拠,物的証拠,銅鏡,卑弥呼,卑弥呼の謎,世界初地球儀,3D地球儀,卑弥呼,聖徳太子の地球儀,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,Disc Mirror,Himoko’s Disc mirror,異星人の物的証拠,エイリアン,決定的証拠,物的証拠,神獣鏡,はやし浩司、卑弥呼, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1477 Dotaku, or Bronze Bells, as Portable Astronimical Observation Device. 簡易天文観測装置としての銅鐸 Dotaku, or ancient Bronze Bells in Japan are not bells. Here is the proof and evidence. How to use “Do-taku” or “Bronze Bells”, or a portable astronomical observation Device 銅鐸の使い方(簡易天文観測装置) 卑弥呼のカレンダー【解決編(Answer to the Mystery of Dotaku)】 銅鐸の謎(解決編)+銅矛(銅剣の謎) 日本人自身が、そして日本の考古学者自身が、私たち日本人の祖先をバカにしているというのは、とても悲しいことですね。「日本にそんなものがあるはずがない」「日本人がそんなものを作れたはずがない」という先入観だけで、私たち日本人の祖先がなしたすばらしい発明を否定してしまう。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/sAXi9QFA0Es Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 June 28th, 2015 (Nov.18th, 2014) はやし浩司 Hiroshi Hayashi 銅剣,銅鐸模型,銅矛,銅剣の謎,銅矛,銅鐸,銅鐸の意味,銅鐸の謎,謎の銅鐸,はやし浩司,卑弥呼のカレンダー,卑弥呼の謎,魏,魏の国,Himiko’s Calnedar,Calendar of Ancient Japan,銅鐸,銅鐸の謎,銅鐸とは何か,答,銅鏡,簡易天文観測装置,はやし浩司,銅鐸,Dotaku,Do-Taku,エイリアン,決定的証拠,物的証拠,神獣鏡,はやし浩司卑弥呼,異星人,証拠,邪馬台国の謎,The greatest mystery of Japan,Hiroshi Hayashi,Himiko,Mystery of Himiko,Himiko was Aliens, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1478+1247+1174+1008+973+956 Jomon Astronomical Observation Device in Iwata-city and Saku-city. (磐田市と佐久市で見つかった、縄文・簡易天文観測装置) A strange artifact, found in Iwata-city, Shizuoka-pref. and Saku-city, Nagano, Japan. +UFO-shaped Earthenware in Iwata-city, Shizuoka-pref., Japan 日本、磐田市で発掘された、謎の物体+UFO型土器について Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/4Gz34P6qAd0 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 はやし浩司 Hiroshi Hayashi はやし浩司,解説版,commentary,supplementary video,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu-city,浜松市,佐久市,佐久市ミュージアム,Saku-city,奇妙な物体,県立図書館,銅鐸,bronze bell,Dotaku,weekdays,曜日,謎の物体,Iwata,strange artifact,UFO-shaped Earthenware,UFO型土器,静岡県磐田市,堂山古墳,堂山,古墳,Iwata-city,磐田市中央図書館,磐田市埋蔵物文化センター,Pan,Saturn’s Moon,UFO-shaped Moon,The Mayas,Space travel,mystery of pyramids,pyramid in Maya,Aliens and Mayas,マヤ人,宇宙,マヤのピラミッド,謎のピラミッド,UFO発着台,旅行,マヤの宇宙船,ピラミッド,着陸台,Maya,Norway,Chengdu,成都,三星堆,ノルウェイ,Azteca,マヤ,マヤのUFO,UFO in Maya, 前方後円墳,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,Tomb Mounds, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1479+1466 A Chioce for Humasn (Where should we go ?) 人間の選択(どちらへ進むべきか) Anuna and Tomorrowland (アヌンナとトモローランド) Ahura Mazda, the God of all Gods (神の中の神、それがアフラ・マズダであった。) Mystery of Three Magi(謎の3人のマギ) 【Magi】Wikipedia In Iranian sources (イラン説) The term only appears twice in Iranian texts from before the 5th century BCE, and only one of these can be dated with precision. この言葉は、紀元前5世紀以前からは、イランの文献に2度現れる。そのうち1度だけは、日付が正確にわかっている。 This one instance occurs in the trilingual Behistun inscription of Darius the Great, and which can be dated to about 520 BCE. その一度というのは、ダリウス大王のベヒスツン(Behistun)の3言語で書かれた碑文の中にある。それによれば、紀元前520年とある。Eight Secrets of Buddhaブッダ、8つの謎 The Real Image of Buddha and who is He?, Where is He from ? ブッダの実像、ブッダは誰なのか。どこから来たのか。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/umFaTyCLv4Y Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 I say here that the God of all Gods is Ahura Mazda, though I am rather an atheist. Frankly I have no gods to believe in, but I say here again that the God of all Gods is Ahura Mazda. Here is another evidence. 私自身は、ほとんど無神論者です。ほとんどというのは、信ずる神をもたないという意味、です。 神の存在まで否定しているわけではないという意味です。 が、神の中の神はだれかと問われれば、もう迷わず、こう答えます。 アフラ・マズダである、と。 少なくともこの太陽系を支配する神ということになります。 そのことをさらに証明する証拠が、又兵衛さんより、届けられました。 この象牙に彫られたレリーフがそれです。 一見すると、キリストの受胎告知、降誕、さらには3人の賢者による祝福のようにも見えます。 が、又兵衛さんが指摘しておられるように、この3人も、フリギア帽子かぶっています。 ミトラ教のシンボルのフリギア帽です。 フリギアというのは、トルコ中部の古名です。 キリストの誕生のときに、フリギア帽子をかぶった賢者が、それを祝福するためにマリアのもとにかけつけるはずはありません。 Ancient Persian Inscriptions Link a Babylonian King to the Man Who Became Buddha 古代ペルシアの碑文により、バビロニアの王と、ブッダ(釈迦)になった男がつながった。 Dramatic evidence has revealed the presence of Siddhartha Gautama, the man who became Buddha, as far west as Persia. シッダルタ・ゴータマ(Shiddhartha Gautama)、つまり彼はブッダ(釈迦)になったのだが、その存在を示す劇的な証拠が、遠く西のペルシアで明らかになった。 Family seals and records found at Persepolis, the ancient capital of the fourth Persian Emperor, Darius the Great, have been identified and associated with the names of Siddhartha Gautama and his father, Suddhodana Gautama.  ペルセポリスで見つかったファミリー印章および記録(Family seals and records)によれば、第4ペルシア皇帝のダリウス大王(Darius the Great)が、シッダルタ・ゴータマ(=ブッダ)と、ブッダの父親のスドダナ・ゴータマ(Suddhodana Gautama)という名前と認識され、かつ関係していることがわかった。 The Persepolis Seals identified royals and other important personages within the Persian ruling sphere. ペルセポリスの印章により、王族および他のペルシアの支配地域の重要な人物が明らかになった。 Guatama was the name of the royal family of the Saka kingdom. ゴータマは、釈迦王国の王族家族の名前であった。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 June 29th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Anuna,tomorrowland,アヌンナ,ツモローランド,選択choice,神の中の神,スッドダーナ・ガウタマ,ガウタマ・スッドダーナ,Seda Arta Gautama,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,ペルセポリス,Buddha,Persepolis,Lumbini,ブッダ,はやし浩司,ブッダの正体,Darius the Great,ダリウス,Hiroshi Hayashi,Magi,占星術,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,はやし浩司,Three magi,3賢者,東方の3博士,Suddhodana Gautama,Gautama,ブッダ 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1480+1381+1395 Mystery of Chiarai Shrine (血洗神社の謎) Jomon civilization is the First Civilization that fostered the Whole Civilizations of the World (ex. Vinca, Servia). 縄文文明は世界文明を育てた、第一の文明であった。 A Haniwa with a Baby (赤ちゃんを抱いた埴輪)+Sitio Barriles(パナマのシティオ・バリレル遺跡) What is “Haniwa” Figures? Here is my answer. The figures are most likely Ishtar/Inanna  or Gods themselves in Babilonia. And Jomon Venus is Ishtar and here is the Evidence 埴輪とは何か。ここで考えてみます。埴輪の像は、イシュタール(イナンア)、あるいはバビロニアの神々である可能性が、きわめて高くなりました。縄文ヴィーナスはイシュタールだった。その証拠。……というか、神々はまぜこの日本の地に降り立ち、この日本から西方へ向かいました。 +A Queen with a Mask in Chino-city Nagano, Japan (長野県茅野市の仮面の女王) 土偶はエイリアン(Dogu Clay Figures are Aliens) その証拠と証明(The Evidence and its Proof) 縄文文明の謎(埴輪・縄文土器・土偶の謎) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/I_7s5aTIt48 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians. Inanna in Sumeru and Ishtar in Babylonia was once born and raised up here in Central Japan and here it’s my pleasure to show these facts and prove it in this video being true with evidence. My wife and I went to Mt. Ena, or you may call it Mt. Ina to examine Chiarai Shrine at the foot of Mt Ena, where they say Amaterasu-Goddess was born and they washed a new-born. Today’s story starts from here. アマテラスが生まれたとき、その体を洗ったとされる池が、血洗池と呼ばれています。 その近くに血洗神社があると言います。 私とワイフは、その血洗神社へ行ってきました。 なおその血洗神社には、毎年夏至の日にだけ、朝日がその隙間から通るという岩があると聞きました。 私は、その岩を自分の目で確かめてみることにしました。 が、行ってみると、血洗神社はやや谷底の、深い森の中にありました。 またその岩は見つかりませんでした。 あたりを歩き回り、あきらめかったそのとき、神社の鴨井に、妙な彫り物がしてあることに気がつきました。 渦巻です。 渦巻がイナンナの紋章であることは、私、はやし浩司が発見したことであり、私が発見する以前に、それを知っていた人はいません。 私はその渦巻を見て、驚きました。 土偶=エイリアン説は今では常識ですが、さらにそれを深く掘り下げて証明してみました。その深く掘り下げた部分について、たとえば土偶=イナンア説などについてのアイデア、セオリーの無断、転用、転載、盗用、流用は、禁止です。とくにマスコミ、考古学の世界での流用を禁止します。2015年06月30日現在、どなたにも許可していません。リンク張りは自由にしてください。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 June 30th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 血洗神社,恵那山,Chiarai Shrine,Vinca,Servia,Sitio Barriles,Panama,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,セルビア,パナマ,三角頭,埴輪,haniwa,Power suit,縄文のヴィーナス,仮面の女王,Jomon Venus,Queen with Mask,Ishtar,Babylonia,Enlil,茅野市,土偶,仮面の女王,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PPintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形,山梨県立考古博物館,Idoziri,井戸尻,長野,甲府,井戸尻,考古館,doki,Earthenware,clay figures,土器,土偶,宇宙服を着たエイリアン,Alien in spacesuit,Hachinohe,Hakodate,Azteca,Maya,マヤの土偶,八戸,函館,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient

静岡市に現れたUFO

う1481 Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan (A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan) 銅鏡の裏面にある、謎の目盛り Here it’s my pleasure to show one of them and it has got graduations along with the circumference of the mirror. They say these are “mirrors”, but they have another more important meanings on the reverse side of the mirror, about which little attention is paid. Are these just mirrors? No! I show you another evidence that these are NOT. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/smzwPcXR2Lw

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【Antikythera mechanism(アンティキテラの機械)】 "In 1900, on the day before Easter Sunday, a team of divers discovered a shipwreck off Antikythera whilst attempting to find sponges. 1900年の、イースター日曜日の前の日、ダイバー・チームが、Antikyyjeraの沖で、海藻をさがしているとき、難破船を発見した。 The sunken ship's hull was full of bronze statues and other ancient artefacts that were later retrieved and delivered to the National Archaeological Museum in Athens for cleaning and restoration. 沈没船の船底部には、ブロンズの像と、古代の人工遺物などが詰まっていた。それらは後に、回収され、クリーニングと保存のため、アテネの国立考古美術館に運ばれた。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 July 01st, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 オーパーツ,Antikythera Mechanism,アンティキュティラの機械,長持山古墳,銅鏡のメモリ,犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1482 Dokyo as Astronomical Cmputing Machines 天文計算機としての銅鏡 Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan (A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan) 銅鏡の裏面にある、謎の目盛り Here it’s my pleasure to show one of them and it has got graduations along with the circumference of the mirror. They say these are “mirrors”, but they have another more important meanings on the reverse side of the mirror, about which little attention is paid. Are these just mirrors? No! I show you another evidence that these are NOT. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/smzwPcXR2Lw

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【Antikythera mechanism(アンティキティラの機械)】 "In 1900, on the day before Easter Sunday, a team of divers discovered a shipwreck off Antikythera whilst attempting to find sponges. 1900年の、イースター日曜日の前の日、ダイバー・チームが、Antikyyjeraの沖で、海藻をさがしているとき、難破船を発見した。 The sunken ship's hull was full of bronze statues and other ancient artefacts that were later retrieved and delivered to the National Archaeological Museum in Athens for cleaning and restoration. 沈没船の船底部には、ブロンズの像と、古代の人工遺物などが詰まっていた。それらは後に、回収され、クリーニングと保存のため、アテネの国立考古美術館に運ばれた。 The Metonic dial covers 235 months in 5 rotations of the dial, following a spiral track with a follower on the pointer that keeps track of the layer of the spiral. このアンティキティラのメトン・ダイアルは、螺旋形に回りながら、5回転し、235の月をカバーしている。そのつど針は、螺旋形に並んだ表示板の上で、その月であることを示している。 (アンティキュティラの機械)117の謎 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 July 02nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 ギア,Dokyo as Astronomical Computing Machine,オーパーツ,銅鏡,天文計算機,,Antikythera Mechanism,アンティキュティラの機械,長持山古墳,銅鏡のメモリ,犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1483 ALIEN CHIP IN NAPOLEON’S SKULL ナポレオンの頭蓋骨から発見されたマイクロ・チップ PARIS – Scientists examining the remains of  Napoleon Bonaparte are “deeply puzzled” by the discovery of a half-inch long microchip embedded in his skull. パリ発―0.5インチ長のマイクロチップが、ナポレオン・ボナパルトの頭蓋骨に埋め込まれているのがわかった。ナポレオンの残存物を調べていた科学者は、「深く困惑している」。 They say the mysterious object could be an alien implant – suggesting that the French emperor was once abducted by a UFO! その不思議な物体は、エイリアンによるインプラントだと言われている。つまりフランスの皇帝は、かつてUFOにアブダクトされていたというのだ。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/gCFDh-D1cog

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 July 02nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 ALIEN CHIP IN NAPOLEON’S SKULL,ナポレオン,頭蓋骨,マイクロ,チップ,PARIS ,Napoleon Bonaparte, microchip, embedded,skull, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1484+1400(重要・Important) At last I have got the physical evidence of UFOs or Aliens’ crafts ! とうとうUFOの証拠写真を手に入れました。動かぬ物理的証拠です。 航空機失踪事件の背後には、ET、つまりエイリアンがからんでいた。 その証拠と証明。 謎の航空機失踪事件は、あとを断ちません。 今も昔も、謎の航空機失踪事件はつづいています。 で、そうした航空機失踪事件の裏で、ETがからんでいた。 ……という話です。 今日はこのビデオの中で、その証明をします。 どうか、ご覧ください。 画像は、2013年に国際宇宙ステーションから撮られたUFO、つまりブラック・ナイトと呼ばれているUFOです。 このUFOについて、宇宙ステーションからはがれた断熱材であると説く人たちがいます。 が、これは断熱材ではありません。 あわせて、その証明もこのビデオの中でします。 さらに1978年にオーストラリアで起きた、フェデリック・バレンチッチ失踪事件には、やはりETがからんでいた。 その証明も、このビデオの中でします。 +Disappearance of Frederick Valentich (F.ヴェレンティッチ失踪事件) 1:Twenty-year-old Frederick Valentich disappeared while on a 125-mile (235 km) training flight in a Cessna 182L light aircraft over Bass Strait in Australia on 21 October 1978. 20歳のフレェダリック・ヴェレンティッチが行方不明になった。フレェダリック・ヴェレンティッチは、そのとき、セスナ182L軽飛行機で、バス海峡を越える、235kmの訓練飛行をしていた。1978年10月21日のことである。 +B+Bermuda Triangle Mystery of Bermuda Triangle(バミューダ・トライアングルの謎) +412+142+29 Mystery of the Atlantic Ocean(大西洋の謎) There must be Something inBermuda Triangle. (バミューダ・トライアングルには、何かがある。) オーストラリアで消息を絶った・パイロット訓練生+いよいよ大西洋の謎の迫ってみます。(少しおおげさかな?)その第一歩です。Now let's examine the mystery of the Atlantic Ocean. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/WXPVrk5PAQ4

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 04th, 2015 Black Knight,ブラックナイト,NASA,Johnson Space Center,leaked out photographs,NASA流出写真,はやし浩司,Hiroshi HayashiUFO,UFO Photographs,TAKA,Eiichi Asai,Satoshi Morimoto,森本,浅井英市,Frederick Valentich,Otway,Cape Otway,Cessna,Cessna,disappearance of Cessna,kings island,UFO,NASA,NASAの流出写真,オッツウェイ,セスナ, Mystery of Atlantic,Ocean,PacificOcean,Moorea,Island,Tahiti,Easter,Island,Nan Madol,Easter Island,Guam,Hawai,Maui,Bermuda, Bermuda Triangle, Mystery of Bermuda, Aliens' Map,ET's Map,Gods' Map, Mystery of Map,異星人の地図,神々の地図,バミューダ・トライアングル,謎のバミューダ,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu, leaked out photographs,NASA流出写真,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,UFO ,UFO,NASA,NASAの流出写真,オッツウェイ,セスナ,リーク写真 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1485 History of Mankind (人間の歴史) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/qe4-ZihJUpM

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 04th, 2015 人間の歴史,創世記,ヌエ,鵺,ぬえ,はやし浩司 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1486 Ancient Gods are Aliens from the Outer Space Ancient Gods are aliens from the outer space and here in this video I prove it with concrete evidence. That is to say that they are the people who need power-assisted walking devices when they walk on the earth, most probably because of it gravity. I show you the walking devices in this video. 古代の神々は、歩行補助装置を身につけていた。 その事実を、これからみなさんにお見せします。 理由は簡単です。 地球の重力が問題でした。 と、同時に、長野県茅野市で発掘された縄文ヴィーナスについて、残された最後の謎解きを、このビデオの中でします。 縄文ヴィーナスも、歩行補助装置を身に着けていました。 +Real Image of Ahura Mazda アフラ・マズダの正体 A  Message from Aliens whom we may call “Gods”. 私たちの神と呼ぶ、エイリアンからのメッセージ Ancient Gods with power-assisted walking device 歩行補助装置をつけた古代の神々 Mystery of Ahura Mazda アフラ・マズダの謎 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/xNoh3aOfy7c

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 06th, 2015 縄文ヴィーナス,足,脚部,アフラ・マズダの足,Ahura Mazda,helmet,ヘルメット,ahura Mazda’s helmet,歩行補助,装置,はやし浩司,ニムルード,Nimrud,Nimurd,Hiroshi Hayashi,王権を表す輪,腕時計,ribboned ring of kingship,power-assisted walking device,Assyria,アッシリア, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1487 Hoxos, Beni, Bolivia in Mystery 謎のベニ・モホス(マホス)平原の謎(ボリビア) 999 hamax さんより(2015-July  05th)    「すごい!」の一言です。過去のビデオもほぼすべて見せていただいておりますが、分かりやすく体系的にまとめて頂き、感謝しております。何度も繰り返し見て理解を深めようと思います。 話は変わりますが、アマゾンのホモス文明のロマ同士を結ぶ直線のテラプレンは、総延長5000キロもあり、不思議でなりません。5000キロです。(*_*;ロマは古墳(着陸場)にも思えます。この遺跡とナスカ理論は成立するのでしょうか? 十字ラインにはないことは判りますが…… この遺跡は日本の本州程あり広大ですね。渦巻き四つの土器も林様の琴線に触れるのではないでしょうか? 今日は、ギリシャ彫刻の調査とギリシャのデフォルトに注目して休日をすごしました。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/MWwwr55tBf4

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 06th, 2015 Moxos,Beni,Bolivia,Titicaca,Lake Titicaca,ボリビア,モホス,マホス,アマゾン文明,Amazon Civilization, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1488+1487 Hoxos, Beni, Bolivia in Mystery 謎のベニ・モーシーオースの謎(ボリビア) (ロンドニアの地上絵の発見に関する研究) 【以下、ポルトガル語(原文)を翻訳ソフトを使い、一度英訳したあと、日本語に翻訳する】 Ancient drawings on the ground are mystery to archaeologists and expert says that there are more of them 地上に描かれた古代の絵は、謎である。が、専門家は、それ以上のものだと言う。 The paving of the BR 429 highway, which connects Ji-Paraná Costa Marques in western Rondônia, led to the discovery of five giant drawings on the ground, called geoglyphs by archaeologists. 西ロンドニアのジ・パラナ・コスタBPハイウェイの舗装(工事)をしていたところ、それは考古学者が言うには、巨大地上絵の発見へとつながった。 The existence of these ancestral figures - in this part of the state - is new and there is still little information about how they were made and for what purpose. この州にある、これらの先祖の絵は、新しくそれらがどのようにして描かれたのか、何の目的で描かれたのか、ほとんど何もわかっていない。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/sqWZHcRP2eI

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 07th, 2015 Moxos,Beni,Bolivia,Titicaca,Lake Titicaca,ボリビア,モホス,マホス,アマゾン文明,Amazon Civilization,モーシーオース,アマゾン文明,Amazonian Civilization,人造湖,ボリビアの人造湖 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1489 Ancient Gods are Giants, 古代の神々は巨人だった。 Human Civilizations, created by ETs, or Aliens 人間の歴史はエイリアンによって創られた、証拠と証明 Hoxos, Beni, Bolivia in Mystery 謎のベニ・モーシーオースの謎(ボリビア) (ロンドニアの地上絵の発見に関する研究) 【以下、ポルトガル語(原文)を翻訳ソフトを使い、一度英訳したあと、日本語に翻訳する】 Ancient drawings on the ground are mystery to archaeologists and expert says that there are more of them 地上に描かれた古代の絵は、謎である。が、専門家は、それ以上のものだと言う。 The paving of the BR 429 highway, which connects Ji-Paraná Costa Marques in western Rondônia, led to the discovery of five giant drawings on the ground, called geoglyphs by archaeologists. 西ロンドニアのジ・パラナ・コスタBPハイウェイの舗装(工事)をしていたところ、それは考古学者が言うには、巨大地上絵の発見へとつながった。 The existence of these ancestral figures - in this part of the state - is new and there is still little information about how they were made and for what purpose. この州にある、これらの先祖の絵は、新しくそれらがどのようにして描かれたのか、何の目的で描かれたのか、ほとんど何もわかっていない。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/KlbTaycayrQ

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 08th, 2015 God are tall,Moxos,Beni,Bolivia,Titicaca,Lake Titicaca,ボリビア,モホス,マホス,アマゾン文明,Amazon Civilization,モーシーオース,アマゾン文明,Amazonian Civilization,人造湖,ボリビアの人造湖K’ung Tze,孔子, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1490+1489 A Planet, full of Mysterious Wonders 謎につつまれた、この惑星 Bamiyan, Olympus, Khanka lake and Moxos. バーミヤン・オリンポス・カンカ(ハンカ)湖、そしてモシオス +Ancient Gods are Giants, 古代の神々は巨人だった。 Human Civilizations, created by ETs, or Aliens 人間の歴史はエイリアンによって創られた、証拠と証明 Hoxos, Beni, Bolivia in Mystery 謎のベニ・モーシーオースの謎(ボリビア) (ロンドニアの地上絵の発見に関する研究) 【以下、ポルトガル語(原文)を翻訳ソフトを使い、一度英訳したあと、日本語に翻訳する】 Ancient drawings on the ground are mystery to archaeologists and expert says that there are more of them 地上に描かれた古代の絵は、謎である。が、専門家は、それ以上のものだと言う。 The paving of the BR 429 highway, which connects Ji-Paraná Costa Marques in western Rondônia, led to the discovery of five giant drawings on the ground, called geoglyphs by archaeologists. 西ロンドニアのジ・パラナ・コスタBPハイウェイの舗装(工事)をしていたところ、それは考古学者が言うには、巨大地上絵の発見へとつながった。 The existence of these ancestral figures - in this part of the state - is new and there is still little information about how they were made and for what purpose. この州にある、これらの先祖の絵は、新しくそれらがどのようにして描かれたのか、何の目的で描かれたのか、ほとんど何もわかっていない。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/eUulxtFrRbs

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi July 09th, 2015 Khanka,bamiyan,Olympus,strange spots,奇妙な地形,ハンカ湖,God are tall,Moxos,Beni,Bolivia,Titicaca,Lake Titicaca,ボリビア,モホス,マホス,アマゾン文明,Amazon Civilization,モーシーオース,アマゾン文明,Amazonian Civilization,人造湖,ボリビアの人造湖K’ung Tze,孔子,

ダビンチは1500年後のイエスであったbyはやし浩司

いえ1491+1340 Leonardo da Vinci was Jesus Christ after 1500 yrs. (レオナルド・ダ・ビンチは、1500年後のイエス・キリストであった) +Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/UvX2REHRZcA

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Too much unbelievable to believe, or I say, here today’s story is too much an unbelievable story about Leonardo. When I say that Leonardo is Jesus Christ after 1500 yrs, most of you would think that Hiroshi Hayashi has become insane at last. But one thing I believe is that I am not, believe it or not. This is my logical consequence. ダビンチは1500年後のイエスであったという、まことにもって信じがたい話です。 こんなことを言うと、たいていの人はこう思うでしょう。 とうとうあのはやし浩司は、頭がおかしくなった、と。 私自身が、信じられないのですか、実のところ、どうしようもありません。 ……という話です。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 10th, 2015 ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1492+1446+1439 Platform Theory and Line Territory Theory of ETs (ETたちの、プラットフォーム理論+ライン・テリトリー・理論) Here in this video clip, I’d like to explain ETs concept of “territory”, which is quite different from that of Humans. First of all we must keep it in our mind that ETs live in the out space where distance means nothing, but more importantly they use time and directions wherever they go on the earth as well as in the space. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/87orplqslvI

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is about a very strange water dams in Bamiyan, Afganistan. The dams are in Band-e Amir National Park, or Afghanistan's first national park, located in the Bamyan Province, Afganistan. They say that it is a series of six deep blue lakes separated by natural dams made of a mineral deposit. The site of Band-e Amir has been described as Afghanistan's Grand Canyon, and draws thousands of tourists a year. バンド・エ・アミール国立公園は、バーミヤン地域にある、アフガニスタンの最初の国立公園です。 公園は、6か所の青い湖からなる湖で、石灰沈殿物、つまり鉱物堆積によってできた、自然のダムであると言われています。 バンド・エ・アミールは、アフガニスタンのグランド・キャニオンとも言われ、毎年何千人もの観光客を集めているそうです。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 July 11th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Band-e Amir,Band-e-Amir,Bamiyan,Afganistan,Harrap,Grand Canyon,Rongorongo,ハラッパ,ハラッパー,古代文明,古代文明の謎,謎の古代文明,カッパドキア,Cappadocia,Bamiyan,Mysteries of Ancient Civilizations,Mystery of Lines by Hiroshi Hayashi,はやし浩司,謎の点と線,古代文明をつなぐ謎の点と線,Mysterious Lines, Platform territory Theory,プラットフォーム理論,ナスカのプラットフォーム,Line territory theory,ライン・テリトリー・理論,領土,ナスカ理論,Nazca Theory,Line Theory,Yungang,Bamiyan,Longmen,雲崗,敦煌,龍門,バーミヤン,はやし浩司, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1493+1454+1102+1010+1062 I just wonder if you know the real image of Leonardo. Here in this video I show you the real image of Leonardo together with a fact that the self-portrait of Leonardo is the one, concocted on 3D modeling technology. It is a pity that this original idea of mine has been stolen by many art critics in Japan as if they had discovered this fact as his own idea. A pity, isn’t it? I discovered this idea already before the end of 2013. +Mystery of the self-portrait of Leonardo ダビンチの自画像の謎 Da Vinci is still alive. Which story is a “Bullshit”? (ダビンチは今も生きている、どちらの話が荒唐無稽なのか?) The Real Image of Leonardo da Vinci +Self Portraits of Leonardo da Vinci(ダビンチの自画像と実像) This is Mr. Leonardo da Vinci(これがレオナルド・ダ・ビンチです。) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/A9HBg6xxYF8

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 みなさんはダビンチの実像をご存じですか? 私はこのビデオの中で、ダビンチの実像をみなさんにお見せすると同時に、私たちが現在もっているダビンチの自画像が、ねつ造されたものであることを、証明します。 つまりダビンチの自画像は、3Dモデリング技術を使って、作られたものです。 それを証拠を添えて証明します。 なお私のこのアイデアは、すでにあちこちで盗用され、それぞれの評論家があたかも自分が発見なさったかのように発表なさっておられることを、たいへん残念に思います。 本当に、残念なことですね。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 12th, 2015 Hiroshi Hayashi モーフィング,Mophing,Leonardo,ねつ造された肖像画,自画像,portrait,Da Vinci, still alive,elongated skull,Reptilian,生きている,alive,bullshit,荒唐無稽,若いモナリザ,Self-portrait,real image of da Vinci,Self-portrait of da Vinci,Self portrait of Leonardo da Vinci,Self-portrait,da Vinci,self-portrait of da Vinci,Leonardo da Vinci,ダビンチの自画像,ダビンチの実像,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,Real Image of da Vinci,L. da Vinci,Aliens,人肉,Reptilian,レプタリアン,daVinci,ダビンチ,骨格レプタリアン,レプティリアン,奇妙な動物,skelton,skelton frame,謎のダビンチ, 虚構のルネッサンス,Fake History of Renaissance, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1494+1216+1208+1099C(Important)重要+1098 I show you here two sketches, sketched by Leonardo from high above the sky. One is the map of the city of Imola, Italy and another one is the map of central Italy, seen from at least 200 km high above. Leonardo is such a man as can do such things. ここに2枚の地図を紹介します。 ダビンチが描いた、イモラの町の地図と、イタリア中部地方の地図です。 中部地方の地図は、少なくとも、高度200キロメートル以上から見た地図です。 ともにありえないほど、正確な地図です。 それを知っていただきかったので、以前作りましたビデオを編集して、みなさんにお届けします。 Da Vonci, who was assisted by Aliens. Its Evidence and Proof (エイリアンに助けられていたダビンチ、その証拠と証明) +謎の2枚の絵(Two Sketches in Mystery by Leonardo da Vinci) さらにつづくダビンチの謎(More mysteries about Leonardo da Vinci) なぜこれほどまでに酷似した絵が2枚もあるのか。 Why are these two drawings so similar or the same. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/WTpoG77Wzmo

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 12th, 2015 Hiroshi Hayashi ダビンチ,王手,チェックメイト,Checkmate,写真空撮,空撮,フィレンチェの絵,マドンナの故郷,チルチェーオ山,キルケーの洞窟,Mount Circeo,Grotta della Maga Circe,岩窟の聖母子,mダビンチ,空を飛ぶ,da VinciMoses,Mt Moses,航空写真,旧約聖書,モーゼ,シナイ,シナイ山,Sinai,Moses,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,Mystery of Sinai,Nazca,Nazca Theory,Line Theory,岩窟の聖母子,ダビンチ,Leonardo da Vinci,Mt. Moses, 2D printing,photo processing software,Imola,ダビンチの地図,2D Photograph,写真技術,L. da Vinci,Aliens,人肉,Reptilian,レプタリアン,daVinci, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1495 Concocted Death Date of Leonardo da Vinci (ねつ造されたダビンチの死亡日) Leonardo da Vinci was Jesus Christ after 1500 yrs. (レオナルド・ダ・ビンチは、1500年後のイエス・キリストであった) +Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/Oyse-PjTZho

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is about the concocted death date of Leonardo, who is said to have died on May 2nd when he was 67 years old. I say here, however, he did not die on that day or I say here, his death date was concocted by Leonardo himself. This is one story about him and also I have got another story in this video to tell you that Leonardo was, or is now, Jesus Christ after 15 hundreds years. This story could be very much surprising I know for those people outside Christianity as well as for those people inside Christianity. But whatever I am, I believe in facts rather than in religions. So it’s 100% up to you how you judge this video and I don’t care if you think I am crazy. I hope I am not, but no one knows about ourselves well enough to understand the secrets of Gods. I may be one of them. スメールのイナンナは、バビロニア、メソポタミアでは、イシュタールと呼ばれました。 そのイシュタールは、兄のウツ、つまりシャマーシュと組んで、キリスト教をたちあげます。 急速に勢力を伸ばしつつあった、ミトラ教に対抗するためです。 ギリシア神話によれば、シャマーシュはヘリオス、ミトラはアポロということになります。 で、話を進める前に、神聖数について説明しておきます。 それぞれの神々には、それぞれの神々を意味する数字、つまりsacred numberがあります。 たとえば、アヌ王は60、エンリルは50、エンキは40……というようにです。 イシュタールは15で、シャマーシュは、20です。 またそれぞれの神には、紋章があります。 紋章には、また別の数字が使われることがありました。 たとえばミトラは「7」、イシュタールは「8」もしくは「16」というようにです。 これを秘数学といいます。 ミトラの光線が7なのも、またイシュタールの紋章が、8方向に伸びる光線なのも、そういった理由によるものです。 つまりこうした「数」や「紋章」で、古代の神々は、自分の存在を内外に示したということになります。 Too much unbelievable to believe, or I say, here today’s story is too much an unbelievable story about Leonardo. When I say that Leonardo is Jesus Christ after 1500 yrs, most of you would think that Hiroshi Hayashi has become insane at last. But one thing I believe is that I am not, believe it or not. This is my logical consequence. ダビンチは1500年後のイエスであったという、まことにもって信じがたい話です。 こんなことを言うと、たいていの人はこう思うでしょう。 とうとうあのはやし浩司は、頭がおかしくなった、と。 私自身が、信じられないのですか、実のところ、どうしようもありません。 ……という話です。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 13th, 2015 Hiroshi Hayashi ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism,ミトラ教,Michelangelo,Leonardo da Vinci,Mary Magdalene,2001年宇宙の旅,2001年宇宙の旅,Space,Eye of Providence,Eye of Providence,Prometheus,プロメテウス,Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン, ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1496(重・Important)+1495 Concocted Death Date of Leonardo da Vinci (ねつ造されたダビンチの死亡日) Leonardo da Vinci was Jesus Christ after 1500 yrs. (レオナルド・ダ・ビンチは、1500年後のイエス・キリストであった) +Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/R0C-1Z5yrQk Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is about the concocted death date of Leonardo, who is said to have died on May 2nd when he was 67 years old. I say here, however, he did not die on that day or I say here, his death date was concocted by Leonardo himself. This is one story about him and also I have got another story in this video to tell you that Leonardo was, or is now, Jesus Christ after 15 hundreds years. This story could be very much surprising I know for those people outside Christianity as well as for those people inside Christianity. But whatever I am, I believe in facts rather than in religions. So it’s 100% up to you how you judge this video and I don’t care if you think I am crazy. I hope I am not, but no one knows about ourselves well enough to understand the secrets of Gods. I may be one of them. スメールのイナンナは、バビロニア、メソポタミアでは、イシュタールと呼ばれました。 そのイシュタールは、兄のウツ、つまりシャマーシュと組んで、キリスト教をたちあげます。 急速に勢力を伸ばしつつあった、ミトラ教に対抗するためです。 ギリシア神話によれば、シャマーシュはヘリオス、ミトラはアポロということになります。 で、話を進める前に、神聖数について説明しておきます。 それぞれの神々には、それぞれの神々を意味する数字、つまりsacred numberがあります。 たとえば、アヌ王は60、エンリルは50、エンキは40……というようにです。 イシュタールは15で、シャマーシュは、20です。 またそれぞれの神には、紋章があります。 紋章には、また別の数字が使われることがありました。 たとえばミトラは「7」、イシュタールは「8」もしくは「16」というようにです。 これを秘数学といいます。 ミトラの光線が7なのも、またイシュタールの紋章が、8方向に伸びる光線なのも、そういった理由によるものです。 つまりこうした「数」や「紋章」で、古代の神々は、自分の存在を内外に示したということになります。 Too much unbelievable to believe, or I say, here today’s story is too much an unbelievable story about Leonardo. When I say that Leonardo is Jesus Christ after 1500 yrs, most of you would think that Hiroshi Hayashi has become insane at last. But one thing I believe is that I am not, believe it or not. This is my logical consequence. ダビンチは1500年後のイエスであったという、まことにもって信じがたい話です。 こんなことを言うと、たいていの人はこう思うでしょう。 とうとうあのはやし浩司は、頭がおかしくなった、と。 私自身が、信じられないのですか、実のところ、どうしようもありません。 ……という話です。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 14th, 2015 Hiroshi Hayashi Sacred number,ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism,ミトラ教,Michelangelo,Leonardo da Vinci,Mary Magdalene,2001年宇宙の旅,2001年宇宙の旅,Space,Eye of Providence,Eye of Providence,Prometheus,プロメテウス,Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン, ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1497+1395 Mystery of Ishtar’s Symbol Mark (イシュタールの紋章の謎) Jomon Venus is Inanna, Ishtar 縄文ヴィーナスは、イナンナ・イシュタールであった。 This is Jomon, Japan これが日本の縄文です。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/LDZh_l_x1ok Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 14th, 2015 Hiroshi Hayashi 2015年07月14日 雲星,星雲,Inanna,Ishtar,Jomon Venus,Jomon Venus is Ishtar,イシュタール,イナンナ,Jomon,Japan,Jomon civilization,this is japan,jomon culture,縄文,これが縄文,日本, ,はやし浩司,謎の古代文明,謎の点と線,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Japan ,Mysteries of Horyuji,Temple Shotoku Taishi, 謎の飛鳥文明,法隆寺の仏像,Horyuji Temple,Jomon Inanna 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1498 Eyes in Eyes 目の中の目 True Character of Buddha+“Eyes in the Eyes ブッダの正体+目の中の目 +Mystery of Buddha’s Halo+Who is Jesus Christ? ブッダの光輪の謎+イエス・キリストとは誰なのか? Why do Gandhara Statues have Halos as Angels, Maria and Jesus? +どうして仏像には、キリスト教の神と同じ、光輪が表現されているのか? Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/2PMtob5jmZo

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 14th, 2015 Hiroshi Hayashi 2015年07月16日 Flatwood,flatwood monster,UFO Incidence in Washington DC,エイリアン遭遇事件,フラットウッド怪物,Washington D.C.,Washington UFO,West Verginia,ウエスト・バージニア,釈迦苦行像,Lahore,Buddha in hunger,ラホール,釈迦苦行像,reptilian,レプティリアン,Eye in eye,Eyes in eyes,目の中の目,石神,人面岩 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 1449+1440 Another Photo of the elongated skull, unearthed in Atacama, Peru ペルーのアタカマで見つかった長頭人間の頭蓋骨のもう一枚の写真 Elongated Skulls in Paracas, Peru パラカスの長頭人間+ブライアン・フォアスター氏の会見ビデオ Cone-Heads are Aliens, its Proof and Evidence, a conclusive and physical evidence. (エイリアンはこの地球にいます! その証拠と証明+決定的かつ物理的証拠) +ツタンカーメンも長頭人間だった Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/VQbxryacbgk

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司  なお、2005年、北コーカサスのキスロヴォックで、長い頭の奇妙な頭蓋骨が見つかったという(「プラウダ紙」)。 が、このタイプの頭蓋骨は、珍しくない。 世界中で発見されている。 彼らこそが、異星人、つまり神だったのか? 知れば知るほど、新しい謎が生まれてくる。 今回は、長頭人間について。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. July 17th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Elongated skulls,paracas,エクアドル,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,長頭頭蓋骨,ecuador,エクアドル,トンカラリン,変形頭蓋骨,elongated skull,Paracas,南原遺跡,Cone Head,Cone-head,パラカス,DNA検査,DNA分析,Paracas,神々の頭蓋骨,長頭人,長頭人間,長い頭,長頭人種,長頭,頭蓋骨,Long head, long-head, men,Skulls of Gods,Skulls of Aliens,宇宙人の頭蓋骨,はやし浩司,謎の点と線,アタカマ,Atacama, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1550+1496(重・Important)+1495 Concocted Death Date of Leonardo da Vinci (ねつ造されたダビンチの死亡日) Leonardo da Vinci was Jesus Christ after 1500 yrs. (レオナルド・ダ・ビンチは、1500年後のイエス・キリストであった) +Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/V6PCDyLk09o Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【50:27】 【エレミヤ書】 The Destruction of Babylon バビロンの崩壊 50:21 主は言われる、 上って行って、メラタイムの地を攻め、 ペコデの民を攻め、 彼らを殺して全く滅ぼし、 わたしがあなたがたに命じたことを皆、行いなさい。 50:22 その地に、いくさの叫びと、大いなる滅びがある。 50:23 ああ、全地を砕いた鎚はついに折れ砕ける。 ああ、バビロンはついに国々のうちの 恐るべき見ものとなる。 50:24 バビロンよ、 わたしは、おまえを捕えるためにわなをかけたが、 おまえはそれにかかった。 そしておまえはそれを知らなかった。 おまえは主に敵したので、尋ね出され、捕えられた。 50:25 主は武器の倉を開いて その怒りの武器を取り出された。 主なる万軍の神が、 カルデヤびとの地に事を行われるからである。 50:26 Come to her from the farthest border; Open up her barns, Pile her up like heaps And utterly destroy her, Let nothing be left to her. あらゆる方面からきて、これを攻め、 その穀倉を開き、 これを穀物の山のように積み上げ、 完全に滅ぼし尽し、そこに残る者のないようにせよ。 50:27 Put all her young bulls to the sword; Let them go down to the slaughter! Woe be upon them, for their day has come, The time of their punishment. その雄牛をことごとく殺せ、 それを、ほふり場に下らせよ。 それらのものはわざわいだ、 その日、その罰を受ける時がきたからだ。 50:28 There is a sound of fugitives and refugees from the land of Babylon, To declare in Zion the vengeance of the LORD our God, Vengeance for His temple.… 50:28聞けよ、バビロンの地から逃げ、のがれてきた者の声がする。われわれの神、主の報復、その宮の報復の事をシオンに告げ示す。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is about the concocted death date of Leonardo, who is said to have died on May 2nd when he was 67 years old. I say here, however, he did not die on that day or I say here, his death date was concocted by Leonardo himself. This is one story about him and also I have got another story in this video to tell you that Leonardo was, or is now, Jesus Christ after 15 hundreds years. This story could be very much surprising I know for those people outside Christianity as well as for those people inside Christianity. But whatever I am, I believe in facts rather than in religions. So it’s 100% up to you how you judge this video and I don’t care if you think I am crazy. I hope I am not, but no one knows about ourselves well enough to understand the secrets of Gods. I may be one of them. スメールのイナンナは、バビロニア、メソポタミアでは、イシュタールと呼ばれました。 そのイシュタールは、兄のウツ、つまりシャマーシュと組んで、キリスト教をたちあげます。 急速に勢力を伸ばしつつあった、ミトラ教に対抗するためです。 ギリシア神話によれば、シャマーシュはヘリオス、ミトラはアポロということになります。 で、話を進める前に、神聖数について説明しておきます。 それぞれの神々には、それぞれの神々を意味する数字、つまりsacred numberがあります。 たとえば、アヌ王は60、エンリルは50、エンキは40……というようにです。 イシュタールは15で、シャマーシュは、20です。 またそれぞれの神には、紋章があります。 紋章には、また別の数字が使われることがありました。 たとえばミトラは「7」、イシュタールは「8」もしくは「16」というようにです。 これを秘数学といいます。 ミトラの光線が7なのも、またイシュタールの紋章が、8方向に伸びる光線なのも、そういった理由によるものです。 つまりこうした「数」や「紋章」で、古代の神々は、自分の存在を内外に示したということになります。 Too much unbelievable to believe, or I say, here today’s story is too much an unbelievable story about Leonardo. When I say that Leonardo is Jesus Christ after 1500 yrs, most of you would think that Hiroshi Hayashi has become insane at last. But one thing I believe is that I am not, believe it or not. This is my logical consequence. ダビンチは1500年後のイエスであったという、まことにもって信じがたい話です。 こんなことを言うと、たいていの人はこう思うでしょう。 とうとうあのはやし浩司は、頭がおかしくなった、と。 私自身が、信じられないのですか、実のところ、どうしようもありません。 ……という話です。 The numbers 1,2 and 3 are all prime numbers and are symbolic of creation through the holy trinity. The number 12 would be reduced in numerology as 1+2=3, which means that the number 12 is also symbolic of the trinity. According to the rules of music vibration, we know that octaves of the fundamental vibration are created through multiplication or division from the number two. Two times twelve is 24 and half of 12 is 6. It is interesting to note that all prime numbers greater than 3 (the original trinity of prime numbers) are properties of the number six. The formula for creating prime numbers is 6n + 1where n is any number and + 1 is symbolic of unity or the original cause. For example: 6*2 = 12 and 12 – 1 is 11 and 12 + 1 is 13 and 11 and 13 are prime numbers. 6 *3 is 18 and 18 – 1 is 17 and 18 + 1 is 19 and both 17 and 19 are prime numbers. Hello, this is Atago, K-miya and Hiroshi Hayashi, Japan The Last message from Leonardo da Vinci in which he says Jesus Christ is still alive or at least Leonardo did not die on the day of May, the fifith month of the year, the 2nd at age 67. I have proven that Leonardo was Jesus Christ after 1500 years and here I prove that Leonardo did not die on the day, which suggests a fact that Jesus is still alive on this earth. ダビンチの死亡日は、あらかじめ、予定されていた。 つまりダビンチ自身によって、あらかじめアレンジされた日だった。 ダビンチは1500年後のイエスであったという時事と重ね合わせるなら、少なくともダビンチは、その日には死んでいなかったことになる。 つまりイエスは、その日に死んだはずがない。 つまり今の今も、この地球のどこかで生きているということになる。 で、今日の物語は、アゴスティノ・ベネチアーノの絵で始まる。 ベネチアーノは、奇妙なスケッチ画を残している。 そのスケッチ画には、自分の皮をはぐレプティリアンが描かれており、左端に立っているのが、イシュータールということになる。 つまりシャマーシュとともに、キリスト教を立ち上げた、イシュタールである。 ヘブライ名では、「マリア」という。 このスケッチの中の「1502」について、ケーミヤさんから、このようなメールが届いた。 「502」を5月2日と読むのは、できない、と。 「2」を「02」と表記するのは、一桁をデジタル表記するときのもので、したがって「2日」と読むことはできない、と。 それについては、もう少しあとで考えてみることにして、まずミケランジェロが描き残したと言われる、『レプティリアンの群像』の絵を見てほしい。 実に奇妙な絵であるが、まずみなさんに知っておいていただきたいのが、右端下、花の冠をつけ、足の皮をはいでいるのが、ダビンチであるということ。 そしてこの絵の中に、ミケランジェロは、「1765027」という数字を、隠し文字、つまり人文字の形で、描いた。 謎は、この数字のもつ意味である。 いろいろな方からいろいろな意見をいただいた。 が、結局、当初私が考えたように、「7・5・0・2」は、ダビンチに死亡日のことであるということである。 ダビンチは、67歳の5月2日に、死んだことになっている。 が、ほかの数字と符合しない。 残った「7」は何を意味するのか? 話を先に進める前に、冒頭にあげた、ベネチアーノとミケランジェロの絵を見比べてみる。 この両者の絵は、酷似というレベルを超えて、同じである。 で、調べてみると、ベネチアーノとミケランジェロは、ほとんど同一時代に生まれ、活躍し、そして死んでいる。 絵の完成度からして、ベネチアーノがミケランジェロの絵を盗作したということになる。 が、いくら調べても、その接点が浮かび上がってこない。 同じフィレンチェに住んでいたから、たがいに知らない仲だったとは言い難いが、接点がない。 これもまた大きな謎である。 どうしてこの2人は、接点がないまま、同じ絵を描いたのか。 ともに、絵の中には、「1・5・0・2」という数字が含まれている。 が、ATAGOさんが、驚くべき事実を指摘してくれた。 ミケランジェロの描いた絵の中の左端の数字を、「1」ではなく「7」と読むと、6桁の数字は、「77・50・27」となる、と。 そして「77」は、イエス、「50」は復活、「27」は聖書の、隠しナンバーである、と。 「隠しナンバー」という言い方が適切かどうか知らないが、ここではそうしておく。 古来より、信者たちは、こうした隠しナンバー、つまり暗号で、自分たちの信仰を秘匿してきた。 が、もうこれは偶然の一致とは言い難い。 ミケランジェロは、その数字を描きこむことによって、「イエスの復活・聖書」と私たちに伝えた。 と、同時に、ダビンチを右端下に描いた。 なぜか? ミケランジェロのダビンチが、1500年後のイエスであることを知っていた。 正体は、レプタリアン。 イエスが復活して、ダビンチになった、と。 では、ダビンチの死亡日とどう関係があるのか? つまりこのスケッチ画とは別に、ダビンチは、「イエスの復活日」を表す数字の日に、自分の死亡日を設定したことになる。 67歳、5月2日、と。 「77・50・27」から数字を選び、自分の死亡日とした。 「67歳で死んだことにしよう。5と2で、5月2日に死んだことにしよう」と。 が、そのこともミケランジェロは知っていた。 だからこんなスケッチ画を残し、暗号として、それを現在の私たちに伝えた。 ついでながら、念のため、聖書「50:27」にこだわってみたい。 聖書「50:27」の一節を表現したとも考えられる。 それはエレミア書の50節27章に当たる。 それはバビロンの破壊について書かれたものである。 旧約聖書の中の神は、民にバビロンの破壊を命じている。 驚くべき内容である。 つまりこの中で、旧約聖書の神、ヤーウェは、バビロンの徹底した破壊を命じ、同時にミトラ教徒の抹殺を命じている。 文の中の「bull」、牡牛というのは、ミトラ教徒の代名詞である。 この一節と、ミケランジェロ、ダビンチが暗号として描き残した数字と、関係があるのかどうかは、私にはわからない。 が、関係ないとも、断言できない。 ひとつの解釈として、ここに記録として残しておく。 さて結論を急ぐ。 ダビンチは、1500年後のイエスであった。 イエスは、1500年後のフィレンツェで復活したことになる。 そして再び、ダビンチは、その地を去る。 そのとき暗号を残した。 つまりその暗号を、自分の死亡日の中に、織り込んだ。 7・5・0・2という数字がそれである。 私は「イエスの復活であるぞ」と。 そしてそのことをMichelangelは知っていた。 だからその数字を、さらに自分のスケッチ画の中に残した。 それが「77・50・27」という数字ということになる。 こうしてダビンチ、ならびにミケランジェロの描き残した謎の絵画の暗号を解くことができた。 K-ミヤさん、ATAGOさんの力添えがあったからこそ、謎を解くことができた。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 18th, 2015 Hiroshi Hayashi Sacred number,ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism,ミトラ教,Michelangelo,Leonardo da Vinci,Mary Magdalene,2001年宇宙の旅,2001年宇宙の旅,Space,Eye of Providence,Eye of Providence,Prometheus,プロメテウス,Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン, ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】

2015年7月31日 (金)

古代文明の謎 by はやし浩司(2015-7月)

えいn1501 Giant Pyramid in Mexico, Tonina Pyramid メキシコ最大のピラミッド発見・トニナ・ピラミッド+アステカ文明 It was just over five years ago that researchers in Mexico discovered an enormous pyramid of Maya civilization in Tonina, Chiapas. The fact that the pyramid had remained concealed under what was believed to be a natural hill for around 1700 years is truly incredible, particularly considering that it has been confirmed as the largest pyramid in Mexico and is even taller than Teotihuacan’s enormous Pyramid of the Sun. The Pyramid, which measures 75 meters in height, was first excavated by archaeologists in 2010. Here in this video, I’d like to prove that this Pyramid might have been constructed by Aliens from the outer space on my Nazca Theory. +1272+1257 “Kame” stands for UFOs in Japan. 「亀」は、UFOだった。 Turtle-shapes UFO's in Japan 日本の亀型UFO A new story of “Urashima Taro” or Taro in Urashma Island 新説「浦島太郎」 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/XRHlKMvM6Sw Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 メキシコで、世界最大級のピラミッドが発見されました。 発見されたのは2010年。 たったの5年前です。 それまではただの丘と思われていました。 高さは75メートルもあり、テオティワカンの太陽のピラミッドより大きいと確認されています。 この情報は、森本智さんから、いただきました。 さっそく調べてみることにしました。 こうしたピラミッドが、1700年近くも土の中に埋もれていたというのは、まさに驚きでしかありません。 で、今日は私のナスカ理論を使って、このピラミッドの建設にも、私たちがエイリアンと呼ぶ地球外からやって来た人たちが関わっていたことを、このビデオの中で説明します。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 19th, 2015 Hiroshi Hayashi 浦島太郎,はやし浩司,亀形UFO,Urashima Taro,Hiroshi Hayashi,turtle-shaped UFO,亀形UFO,亀型UFO,Tonina,Maya,Azteca,Olmeca,Olmec Pyramid, Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 1502+1357 Nobonaga’s Portrait in Mystery 信長の謎の肖像画 The Portrait, created on 2D Photograph Technology? 2D写真技術を使って作られた信長の肖像画? States period and was recognized as one of Japan's greatest rulers. Nobunaga was very interested in European culture which was still very new to Japan. He collected pieces of Western art as well as arms and armor, and he is considered to be among the first Japanese people in recorded history to wear European clothes. He also became the patron of the Jesuit missionaries in Japan and supported the establishment of the first Christian church in Kyoto in 1576, although he remained an adamant atheist and never converted to Christianit The portrait is said to have been created by one of the missionaries. Today’s story is about the portrait, which was most probably created on 2D photograph techonoly about which I prove it to be so in this video. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/ZhB5-Ar_nRo

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 ここに織田信長の肖像画があります。 かつて日本へやってきた宣教師が描き残したという肖像画です。 あまりにも精緻に描かれているという点で、写真技術を使って描かれたのではないかと疑われています。 現存する肖像画は、明治時代に写真として残されたものです。 原画は、戦災で焼失したということです。 で、あまりにも精緻なため、明治時代にねつ造されたのではないかという説もあります。 が、それにしても精緻ですね。 で、今日はこの肖像画を検証してみますが、検証してみたとたん、私は驚きました。 ダビンチの描いたモナリザと同じように、陰影画法、つまり写真と同じ表現方法で描かれているのみならず、光線の方向が、きわめて正確に表現されています。 私の写真とまず見比べてみてください。 + Rembrandt Paintings on Photo Technology(写真技術で作られたレンブラントの絵、証拠と証明) Mystery of Rembrandt van Rijin+Mystery of William A. Bougereau 謎のレンブラント(解剖の図)+ブーグローの謎 Doubt your own common sense! (自分の常識を疑ってみよう!) Just take a wonder if you are in the thick walls of common sense, in which you have got lost yourself in the labylinth of mysteries.I say here that “Open the door and see the world outside of your world, and then you can see much wonderful world just lying in front of you. あなたは常識という厚い壁の中にいませんか。その中で、つまりその壁の中にある、謎の迷路で迷子になっていませんか。私はあなたにこう提案します。ドアを少しあけて、常識の壁の外の世界を見てみなさい、と。そうすればあなたはあなたの前に広がっているすばらしい世界を見ることができますよ、と。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 20th, 2015 Hiroshi Hayashi 織田信長,Oda Nobunaga,nobunaga,nobunaga,oda Nobunaga,Portrait,レンブラント,解剖の図,photograph technology,写真技術,Rembrandt,ゴッホ,レンブラント,Gogh,Rembrandt,Pura Puseh Temple,David,Michelangelo,常識の謎,弥勒菩薩半跏思惟像,みろくぼさつはんかしいぞう,Amidanyorai ,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,bougueraeu, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1503 Jesus is Shamash (Its Proof and Evidence) イエスはシャマーシュだった(証拠と証明) イエスズ会の紋章がその証拠であった。 The Symbol Mark of the Society of Jesus (Jesuit) is the Evidence. +Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/U3YESPigW8I Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 21st, 2015 Hiroshi Hayashi Jesus=shamash,Madonna=Ishtar,イエスはシャマーシュ,シャマシュ,ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1504+1268 “Koma-inu" or Guardian dogs are not dogs, but they are Enlil, the God of Gods. 狛犬(こまいぬ)は犬ではない。狛犬は、神の中の神、エンリルだった。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/4gdlvbJ1RZE Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 22nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Jan.17th, 2015 Ishtar Gate,Enlil,Enki,Guardian dogs,lion-dogs,狛犬,こまいぬ,Guardian dogs,Azteca,Lion dancing,獅子舞,ワカ・パルティーダ,ペルー,彩色レリーフ,古代アンデス,神戸市外国大,発掘,sacrifice,human sacrifice,生贄,生け贄,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, Verneukpan,フェルヌークパン,オルメカ,アヌンナキ,ニビル,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines,林 浩司,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1505+970+183  Mystery of the Dragon Festival in Minami-Seki Festival and Tonkararin 南関町の大蛇山祭りと、トンカラリンの謎(和水町&安芸津町) 日本の謎です。トンカラリンの謎です。ワイフと私は、2015年07月 安芸津町のトンカラリンをみてきました。その報告とあわせて、熊本県・和水町のトンカラリンの謎解きです。なぜトンカラリンが、ここにあるか。それが最大の謎ですね。「謎の点と線」の手法で、迫ってみます。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/HnlsVupwn3Q Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 なおあくまでも仮説ですが、私はこう考えます。 (1) トンネルは、古墳とつながっている。 (2) トンネルは、一方の端で、地下室とつながっている。 (1) の部分については、道路工事、および古墳地域の緑地公園化で破壊されている可能性が高い。 (2) の部分については、未発見だが、位置的にみて、神社の下あたりに、大きな部屋があるのではないかと、推察される。 The Tonkararin tunnel structure is a 464.6 meter long, tunnel-like structure of unknown origin, situated in the Nagomi machi, Kumamoto Prefecture. It lies on a plateau called Seibaru Daichi, around which are many kofuns or tomb mounds, such as Eta-Funayama Kofun. It consists of very shallow natural slits of the ground covered with stones and man-made stone-structured underdrains. The name of Tonkararin came from the sound of a stone, when the stone is thrown into the tunnel. トンカラリンに関しては民間伝承もなく、排水路説、古代人の信仰遺跡説、道教由来説、古代朝鮮由来説などの諸説があるが、未だに定説はない。 熊本県教育委員会は1974年に現地調査を行い、1978年3月に「近世の排水路」との調査報告書を一旦は発表したが、用水路説と信仰遺跡説も検討すべきと将来の検討にゆだねている。 2001年に同教委と当時の菊水町教育委員会が再調査し、「排水路」にしては不都合な点が多すぎるとして、現在は再び「謎の遺跡」とされている。 この調査では第2のトンカラリンが2001年に発見され、さらに第3、第4のトンカラリンが埋蔵されている可能性も指摘されている。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 23rd, 2015 はやし浩司 Minakami-yama,Akistu,nan-kan-cho,安芸津,トンカラリン,龍蛇神,南関町,大蛇山祭,Minami-Seki,Minamiseki-machi,Tonkararin,Strange Tunnels,謎の点と線,はやし浩司,謎の点と線,トンカラリン,和水町,安芸津町,Tonkararin,古代,謎のトンカラリン,トンカラリンの謎,トンカラリンの謎と答え,Mistery and Answer to Tonkararin,とんからりん,文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1506+1320+1319+1251+661 An UFO over Shizuoka-city, witnessed on Feb.20th, 2015 by Haruhiko Amano, Shizuoka, Japan Haruhiko Amano succeeded in taking some photographs of it and here you can see it. 2015年2月20日、静岡市在住の天野治彦氏が、清水山の公園でUFOを目撃し、写真撮影に成功なさいました。 この写真に撮られたUFOは、第一級の研究資料となりうるものです。 +Massive UFOs over Shizuoka-city, on Nov.29th, 2014 2014年11月29日に、静岡市上空に現れたUFOの大群 月面上のエイリアンの基地(+660の再検証) (Aliens’ Bases on the Moon+Reexaminatio of V.No.660) ある科学者の暴露証言 660号の再検証版+月の裏側にあるエイリアン基地についてのビデオです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/mQjhNyNK2is Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. これらは、「はやし浩司説」です。内容の転用、転載、盗用、流用は、厳禁です。 Haruhiko Amano 天野治彦 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 24th, 2015 天野治彦,Haruhiko Amano,月面のUFO基地,Aliens Bas on the Moon,暴露証言,月の裏側,Back Side of the Moon,UFO,飛行ルート,見たものは見た,はやし浩司,Hiroshi Hayash,iブーメラン型UFO,くの字型UFO,V字型UFO,LetterV-shape,UFO,Boomelang-shapedUFO,Hiroshi Hayashi,Mysteries of Ancient Civilizations,Boomerang-shaped UFO,V-shaped UFO,in Japan,ブーメラン型,UFO,はやし浩司,UFO’s flying routes,Air route of UFO,UFO on the Moon,UFO on Moon,クの字,UFO 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1507+1410 Xi Wangmu is Jomon Inanna in her origin. (西王母のルーツは、日本のイナンナだった。) The Queen Mother of the West or Xi Wangmu  is a Chinese goddess known from ancient times. The first historical information on her can be traced back to oracle bone inscriptions of the fifteenth century BC that record sacrifices to a "Western Mother". From her name alone some of her most important characteristics are revealed: she is royal, female, and is associated with the west. The growing popularity of the Queen Mother of the West, as well as the beliefs that she was the dispenser of prosperity, longevity, and eternal bliss took place during the second century BCE when the northern and western parts of China were able to be better known because of the opening of the Silk Road.(Wikipedia) Who is she? Where was she from ? Today’s story is about the Mystery of Xi Wangmu. 西王母 中国古代の仙女。崑崙 (こんろん) 山に住み,不老不死の薬をもつ神仙といわれ,仙女の世界の女王的存在として長く民間で信仰された。 西王母とはだれなのか。 どこから来たのか。 どんな世界にも、2人の支配者は存在しない。 女神であれば、なおさら。 この地球には、ひとりの女神しかいなかった。 それがイナンナ。 またの名をイシュタール。 またの名をマリア。 中国では、西王母。 ……という話です。 きっかけは、ransukeさんの投稿です。 それには、1枚の絵とともに、こうありました。 「西王母は、イナンナやマリア的な感じがします」と。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/OsOAhZyLX4c Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. これらは、「はやし浩司説」です。内容の転用、転載、盗用、流用は、厳禁です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 25th, 2015 西王母,Xi Wangmu,Inanna,Xi Wangmu is Inanna,Jomon Inanna,Goddess in China, 中国の女神,ルーツ,血洗神社,蔦模様,神仙,仙女,不老不死, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1508 Enki in Japan 日本にいたエンキ 縄文文明の謎(縄文土器・土偶の謎と、その答え@井戸尻考古館にて) Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/_ovfGE_2N4A Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Wikipedia says, Dogū "clay figures" are small humanoid and animal figurines made during the late Jōmon period (14,000–400 BC) of prehistoric Japan. A Dogū come exclusively from the Jōmon period. There are various styles of Dogū, depending on exhumation area and time period. According to the National Museum of Japanese History, the total number found throughout Japan is approximately 15,000. The purpose of the Dogū remains unknown and should not be confused with the clay haniwa funerary objects of the Kofun period . 長野県の井戸尻考古館に、一風変わった土器が展示されています。 が、土器ではありません。 土偶です。 頭の部分は、別のところにあります。 で、今日はその謎解きに挑戦してみますが、まずransuke さんからのメールをお読みください。 三星堆遺跡のartifacts について、手の形がバビロニアで発掘されたニンフルサグの土偶のそれに似ている、と。 で、何枚かの写真を届けてくださいました。 が、このことが、井戸尻考古館にある土偶の謎を解くための、たいへん重要なヒントとなりました。 なおその中国でも、これらのartifactsについて、女媧か伏羲かという議論はなされているようですが、それ以上のことは不明となっているようです。 まず神々の歴史ですが、ゼカリア・シシッチの説を簡単に説明しておきます。 簡単に言えば、かつてこの地球は、アヌ王が支配する惑星でした。 その息子が、エンキとエンリル。 しかし実際の支配権は、エンリルが握っていました。 地球へ来る前から、この2人の兄弟は対立関係にあったといいます。 が、対立を決定的にしたのは、人間の改造をめぐっての争いでした。 人間の改造を進めようとするエンキ、それに反対するエンリル。 エンキは、半身、龍の龍族、エンリルは、レプタリアン族。 が、やがて、今から4000年ほど前、突然、アヌ王以下、アヌナンキたちは、この地球を去ることになります。 残ったのは、エンキの息子のマルドゥック、それにエンキ、エンリルの孫娘のイシュタール。 イシュタールはエンリル派です。 この両者は、はげしく対立します。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. これらは、「はやし浩司説」です。内容の転用、転載、盗用、流用は、厳禁です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 26th, 2015 Idoziri Archeological Museum,井戸尻,長野,甲府,井戸尻,考古館,doki,Earthenware,clay figures,土器,土偶,宇宙服を着たエイリアン,Alien in spacesuit,Hachinohe,Hakodate,Azteca,Maya,マヤの土偶,八戸,函館,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Jomon Earthernware,Mystery of Jomon Earthernware,UFO in Japan,UFO in ancient Japan,縄文,土器,縄文式土器,縄文式土器の謎,古代日本のUFO,はやし浩司,Hiroshi Hayashi, Mystery of Japan,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,はやし浩司,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines,林 浩司, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1509+1504+1268 Mystery of Kai-gawa River,Hoshino-miya Shrine(粥川・星宮神社の謎) Nue Monster in Fukubega-take(瓢が岳(ふくべがたけ)に住む妖怪) “Koma-inu" or Guardian dogs are not dogs, but they are Enlil, the God of Gods. 狛犬(こまいぬ)は犬ではない。狛犬は、神の中の神、エンリルだった。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/BRtGL5Erdr8 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 27nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 鵺,nue,Nue Monster,妖怪,粥川,かいがわ,白鳥,郡上,郡上踊り,川崎,星宮,円空,しろとり,shirotori,gujo,郡上踊り,Bon Dancing,Enku,Ishtar Gate,Enlil,Enki,Guardian dogs,lion-dogs,狛犬,こまいぬ,Guardian dogs,Azteca,Lion dancing,獅子舞,ワカ・パルティーダ,ペルー,彩色レリーフ,古代アンデス,神戸市外国大,発掘,sacrifice,human sacrifice,生贄,生け贄,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, Verneukpan,フェルヌークパン,オルメカ,アヌンナキ,ニビル,謎の古代文明, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】

鵺の仔(ぬえのこ)

1510+1035+956+751 Gods with Masks(仮面をかぶった神々) Jomon Venus is Ishtar and here is the Evidence 縄文ヴィーナスはイシュタールだった。その証拠。 A Queen with a Mask in Chino-city Nagano, Japan (長野県茅野市の仮面の女王) 土偶はエイリアン(Dogu Clay Figures are Aliens) その証拠と証明(The Evidence and its Proof) 縄文文明の謎(縄文土器・土偶の謎) Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/pBmT-NH38fg Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 土偶=エイリアン説は今では常識ですが、さらにそれを深く掘り下げて証明してみました。その深く掘り下げた部分についての、アイデア、セオリーの無断、転用、転載、盗用、流用は、禁止です。とくにマスコミ、考古学者の世界での流用を禁止します。2014年09月01日現在、どなたにも許可していません。リンク張りは自由にしてください。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 28nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 縄文のヴィーナス,仮面の女王,Jomon Venus,Queen with Mask,Ishtar,Babylonia,Enlil,茅野市,土偶,仮面の女王,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PPintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形,山梨県立考古博物館,Idoziri,井戸尻,長野,甲府,井戸尻,考古館,doki,Earthenware,clay figures,土器,土偶,宇宙服を着たエイリアン,Alien in spacesuit,Hachinohe,Hakodate,Azteca,Maya,マヤの土偶,八戸,函館,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Jomon Earthernware,Mystery of Jomon Earthernware,UFO in Japan,UFO in ancient Japan, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1511 Mystery iof Uruk and the Epic of Gilgamesh ウルクとギルガメシュの謎 ウルク…… 紀元前2900年から2000年にかけてのこと。 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の時代から見ても、ギルガメシュという神の時代は、古代と呼んでさしつかえない時代のこと。 かつてウルクには、5万人から8万人の人たちが住んでいたという。 世界の人口のことを考えると、当時としては、最大級の都市であったにちがいない。 そのギルガメシュ。 ほとんど実在の神であったと言われている。 ギルガメシュ叙事詩でよく知られた、ギルガメシュ。 世界、最初の古代文献ということになる。 ギルガメシュは、デミゴッド、つまり半神半人であったという。 ウルクの町を建設し、町の人々を救った。 そして最良の友、エンキドゥを失うと、その悲しさに耐えかね、ウツナピシツムに会いにでかける。 その様子を詩として残したのが、ギルガメシュ物語である。 ウツナピシツムというのは、あの大洪水で生き残った、やはり神に近い人であった。 話の内容と時代から考えると、ノアのことではなかったか。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/juS17ZVCrxo Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 29th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Gilgamesh,Uruk,Epic of Girgamesh,Sin,Shamash,Inanna,Ena,ギルガメシュ,ウルク, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1512+1324 (1)Traces of ancient civilization - Inga stones in Brazil ブラジルのインガ・石(古代文明の足跡) Inga stones of Brazil's most mysterious artifacts. BC scientists him. Since the year 6000 BC. 紀元前6000年前のものである。 (2)This huge monolithic stones of a complex with a total area of 250 meters. Height - 3.8 matrix. Length - 46 meters. The wall is covered with thousands of poktogramebit nakhatita and unfamiliar language. (長さは250m。高さは3.8m。何千もの線画と見知らぬ文字がかかれている。 Inga stones in the middle of the river, not far from the Brazilian city of Inga. (インガは、ブラジリアンから遠くないところにある。) (3)It depicts humans, animals, plants. Among them, the animals, which does not exist ... but the most astonishing kveg the Inga is that it depicts the constellation Orion and the Milky Way. That is what makes this artifact are so interesting for researchers. (地球には存在しない動物の絵もある。オリオン座や銀河などが描かれている。 (4)Inga archaeologists and anthropologists from around the world to recognize the secrets of stones target. Some believe that Inga stones - ancient sky map. See others think that he had a religious purpose and sacrifices were held here. (線画は、古代の空の地図と主張する学者もいる。あるいは何かの宗教上の目的のために使われたと考えている学者もいる。) (5)Brazilian researcher Gabriele Baraldi many years devoted to the study of Inga stones. In his view, stone carvings pictures and icons unknown civilization evidence of high technology. (バラルディ研究者などは、高度なテクノロジーをもった未知の文明の証拠であるという見解を示している。) (6)Interesting fact: Inga stones around found many other stones, which are also carved images, but neither one is a high-technology footprint, which raises the scientists suggest that other similar creatures Inga stones imitation is currently, but imitators did not have a high knowledge. (インガでは、その周辺でも、線画が彫られた岩が見つかっている。) One argument is that scientists have, is that Inga stones engraved drawings to create a virtuous metal tools were needed, that the Indians lack of experience with metal tools. (こうした線画を彫るためには、金属製の道具が必要であったはずである。が、インディアンには、その金属を作る技術はなかった。) Some of the extra-terrestrial rocks Inga scientist talks about the existence of contacts. This should not be surprising, because a lot of South America and Mesoamerica artifacts indicates the strength of a similar version. (ETとの接触があったと考える人もいる。驚くべきことではない。南アメリカでは、それを示す発掘物が見つかっている。) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/-flyBktx1RA Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 30th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1513+1324+1168 Venus de Milo with a Penis(ペニスをもったミロのヴィーナス) Greek Sculptures and Roman Copies in Susupicion 疑惑のギリシア彫刻、疑惑のローマン・コピー もともとギリシア彫刻なるものは存在しなかった?……という仮説です。 ミロのヴィーナスの皮膚 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/SDqi63ie25I Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【Laocoon and His Sons】 (ラオコーンと彼の息子像) Wikipedia(ウィキペディア百科事典) Pliny attributes the work, then in the palace of Emperor Titus, to three Greek sculptors from the island of Rhodes: Agesander, Athenodoros and Polydorus, but does not give a date or patron. In style it is considered "one of the finest examples of the Hellenistic baroque" and certainly in the Greek tradition, but it is not known whether it is an original work or a copy of an earlier sculpture, probably in bronze, or made for a Greek or Roman commission. The view that it is an original work of the 2nd century BC now has few if any supporters, although many still see it as a copy of such a work made in the early Imperial period, probably of a bronze original. Others see it as probably an original work of the later period, continuing to use the Pergamese style of some two centuries earlier. In either case, it was probably commissioned for the home of a wealthy Roman, possibly of the Imperial family. Various dates have been suggested for the statue, ranging from about 200 BC to the 70s AD, though "a Julio-Claudian date [between 27 BC and 68 AD] ... is now preferred". 『ラオコーン像』の制作年度については、紀元前160年から紀元前20年までさまざまな見解がある。ロドス島のリンドスで出土した碑文では、彫像の製作者と推定されているアゲサンドロス、アテノドロスの名前が紀元前42年以降に記載されている。このため紀元前42年から紀元前20年ごろに制作されたのではないかと考えられている。 この作品がオリジナルの彫像なのか、他の彫像の模倣なのかは判明していない。製作者とされる3人のロドス人は模倣を専門にした彫刻家で、紀元前200年にペルガモン王国で制作された銅像がオリジナルであるとする意見もある。 プリニウスはその著書『博物誌 (XXXVI, 37)』で、『ラオコーン像』が、ローマ皇帝ティトゥスの宮殿に置かれていたと書いている。一塊の大理石から彫りだされているとも書かれているが、後年発掘されたこの彫像は7つのパーツが組み合わされてできていた。 ローマ教皇ユリウス2世, ラファエロ(ロンドン・ナショナル・ギャラリー(1511年 - 1512年)) この彫像はもともとは富裕なローマ市民の依頼で制作されたと考えられている。1506年にローマ皇帝ネロの大宮殿ドムス・アウレアの近くから『ラオコーン像』が出土したときに、自身熱心な古典学者でもあったローマ教皇ユリウス2世が入手し、この像を現在のバチカン美術館の一部にあたる庭園に置いた。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 31th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Inga,Brazillia,Inga drawings,線画,インガ, ミロのヴィーナス,Milos,ミロ,Hermaphorditus,Bergama,Turkey,Istabul,イスタンブール,ベルガマ,両性具有,Venus de Milo,Statue of Liberty,all are men,自由の女神,男,statue of liberty,Marianne,Phyrigian caps,Mithra,Mithraism,ミトラ教,はやし浩司,hiroshi hayashi,French revolution,フランス革命,ミトラ教教会,神殿,フリーメイソン,freemason,freemasonry,Makote,Mi-li Liu, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1514+1509 Nue Monster (鵺の仔)ぬえのこ・映画紹介 +Mystery of Kai-gawa River,Hoshino-miya Shrine(粥川・星宮神社の謎) Nue Monster in Fukubega-take(瓢が岳(ふくべがたけ)に住む妖怪) “Koma-inu" or Guardian dogs are not dogs, but they are Enlil, the God of Gods. 狛犬(こまいぬ)は犬ではない。狛犬は、神の中の神、エンリルだった。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/Av9T3CHQNNc Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 31st, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 鵺の仔,Nuenoko,Nue no ko,Kuratani,倉谷宜緒,Yoshio Kuratani,鵺,nue,Nue Monster,妖怪,粥川,かいがわ,白鳥,郡上,郡上踊り,川崎,星宮,円空,しろとり,shirotori,gujo,郡上踊り,Bon Dancing,Enku,Ishtar Gate,Enlil,Enki,Guardian dogs,lion-dogs,狛犬,こまいぬ,Guardian dogs,Azteca,Lion dancing,獅子舞,ワカ・パルティーダ,ペルー,彩色レリーフ,古代アンデス,神戸市外国大,発掘,sacrifice,human sacrifice,生贄,生け贄,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, Verneukpan,フェルヌークパン,オルメカ,アヌンナキ,ニビル,謎の古代文明, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】

ミロのヴィーナスの生殖器

うk1510+1035+956+751 Gods with Masks(仮面をかぶった神々) Jomon Venus is Ishtar and here is the Evidence 縄文ヴィーナスはイシュタールだった。その証拠。 A Queen with a Mask in Chino-city Nagano, Japan (長野県茅野市の仮面の女王) 土偶はエイリアン(Dogu Clay Figures are Aliens) その証拠と証明(The Evidence and its Proof) 縄文文明の謎(縄文土器・土偶の謎) Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/pBmT-NH38fg Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 土偶=エイリアン説は今では常識ですが、さらにそれを深く掘り下げて証明してみました。その深く掘り下げた部分についての、アイデア、セオリーの無断、転用、転載、盗用、流用は、禁止です。とくにマスコミ、考古学者の世界での流用を禁止します。2014年09月01日現在、どなたにも許可していません。リンク張りは自由にしてください。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 28nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 縄文のヴィーナス,仮面の女王,Jomon Venus,Queen with Mask,Ishtar,Babylonia,Enlil,茅野市,土偶,仮面の女王,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PPintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形,山梨県立考古博物館,Idoziri,井戸尻,長野,甲府,井戸尻,考古館,doki,Earthenware,clay figures,土器,土偶,宇宙服を着たエイリアン,Alien in spacesuit,Hachinohe,Hakodate,Azteca,Maya,マヤの土偶,八戸,函館,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Jomon Earthernware,Mystery of Jomon Earthernware,UFO in Japan,UFO in ancient Japan, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1511 Mystery iof Uruk and the Epic of Gilgamesh ウルクとギルガメシュの謎 ウルク…… 紀元前2900年から2000年にかけてのこと。 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の時代から見ても、ギルガメシュという神の時代は、古代と呼んでさしつかえない時代のこと。 かつてウルクには、5万人から8万人の人たちが住んでいたという。 世界の人口のことを考えると、当時としては、最大級の都市であったにちがいない。 そのギルガメシュ。 ほとんど実在の神であったと言われている。 ギルガメシュ叙事詩でよく知られた、ギルガメシュ。 世界、最初の古代文献ということになる。 ギルガメシュは、デミゴッド、つまり半神半人であったという。 ウルクの町を建設し、町の人々を救った。 そして最良の友、エンキドゥを失うと、その悲しさに耐えかね、ウツナピシツムに会いにでかける。 その様子を詩として残したのが、ギルガメシュ物語である。 ウツナピシツムというのは、あの大洪水で生き残った、やはり神に近い人であった。 話の内容と時代から考えると、ノアのことではなかったか。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/juS17ZVCrxo Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 29th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Gilgamesh,Uruk,Epic of Girgamesh,Sin,Shamash,Inanna,Ena,ギルガメシュ,ウルク, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1512+1324 (1)Traces of ancient civilization - Inga stones in Brazil ブラジルのインガ・石(古代文明の足跡) Inga stones of Brazil's most mysterious artifacts. BC scientists him. Since the year 6000 BC. 紀元前6000年前のものである。 (2)This huge monolithic stones of a complex with a total area of 250 meters. Height - 3.8 matrix. Length - 46 meters. The wall is covered with thousands of poktogramebit nakhatita and unfamiliar language. (長さは250m。高さは3.8m。何千もの線画と見知らぬ文字がかかれている。 Inga stones in the middle of the river, not far from the Brazilian city of Inga. (インガは、ブラジリアンから遠くないところにある。) (3)It depicts humans, animals, plants. Among them, the animals, which does not exist ... but the most astonishing kveg the Inga is that it depicts the constellation Orion and the Milky Way. That is what makes this artifact are so interesting for researchers. (地球には存在しない動物の絵もある。オリオン座や銀河などが描かれている。 (4)Inga archaeologists and anthropologists from around the world to recognize the secrets of stones target. Some believe that Inga stones - ancient sky map. See others think that he had a religious purpose and sacrifices were held here. (線画は、古代の空の地図と主張する学者もいる。あるいは何かの宗教上の目的のために使われたと考えている学者もいる。) (5)Brazilian researcher Gabriele Baraldi many years devoted to the study of Inga stones. In his view, stone carvings pictures and icons unknown civilization evidence of high technology. (バラルディ研究者などは、高度なテクノロジーをもった未知の文明の証拠であるという見解を示している。) (6)Interesting fact: Inga stones around found many other stones, which are also carved images, but neither one is a high-technology footprint, which raises the scientists suggest that other similar creatures Inga stones imitation is currently, but imitators did not have a high knowledge. (インガでは、その周辺でも、線画が彫られた岩が見つかっている。) One argument is that scientists have, is that Inga stones engraved drawings to create a virtuous metal tools were needed, that the Indians lack of experience with metal tools. (こうした線画を彫るためには、金属製の道具が必要であったはずである。が、インディアンには、その金属を作る技術はなかった。) Some of the extra-terrestrial rocks Inga scientist talks about the existence of contacts. This should not be surprising, because a lot of South America and Mesoamerica artifacts indicates the strength of a similar version. (ETとの接触があったと考える人もいる。驚くべきことではない。南アメリカでは、それを示す発掘物が見つかっている。) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/-flyBktx1RA Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 30th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1513+1324+1168 Venus de Milo with a Penis(ペニスをもったミロのヴィーナス) Greek Sculptures and Roman Copies in Susupicion 疑惑のギリシア彫刻、疑惑のローマン・コピー もともとギリシア彫刻なるものは存在しなかった?……という仮説です。 ミロのヴィーナスの皮膚 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/SDqi63ie25I Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【Laocoon and His Sons】 (ラオコーンと彼の息子像) Wikipedia(ウィキペディア百科事典) Pliny attributes the work, then in the palace of Emperor Titus, to three Greek sculptors from the island of Rhodes: Agesander, Athenodoros and Polydorus, but does not give a date or patron. In style it is considered "one of the finest examples of the Hellenistic baroque" and certainly in the Greek tradition, but it is not known whether it is an original work or a copy of an earlier sculpture, probably in bronze, or made for a Greek or Roman commission. The view that it is an original work of the 2nd century BC now has few if any supporters, although many still see it as a copy of such a work made in the early Imperial period, probably of a bronze original. Others see it as probably an original work of the later period, continuing to use the Pergamese style of some two centuries earlier. In either case, it was probably commissioned for the home of a wealthy Roman, possibly of the Imperial family. Various dates have been suggested for the statue, ranging from about 200 BC to the 70s AD, though "a Julio-Claudian date [between 27 BC and 68 AD] ... is now preferred". 『ラオコーン像』の制作年度については、紀元前160年から紀元前20年までさまざまな見解がある。ロドス島のリンドスで出土した碑文では、彫像の製作者と推定されているアゲサンドロス、アテノドロスの名前が紀元前42年以降に記載されている。このため紀元前42年から紀元前20年ごろに制作されたのではないかと考えられている。 この作品がオリジナルの彫像なのか、他の彫像の模倣なのかは判明していない。製作者とされる3人のロドス人は模倣を専門にした彫刻家で、紀元前200年にペルガモン王国で制作された銅像がオリジナルであるとする意見もある。 プリニウスはその著書『博物誌 (XXXVI, 37)』で、『ラオコーン像』が、ローマ皇帝ティトゥスの宮殿に置かれていたと書いている。一塊の大理石から彫りだされているとも書かれているが、後年発掘されたこの彫像は7つのパーツが組み合わされてできていた。 ローマ教皇ユリウス2世, ラファエロ(ロンドン・ナショナル・ギャラリー(1511年 - 1512年)) この彫像はもともとは富裕なローマ市民の依頼で制作されたと考えられている。1506年にローマ皇帝ネロの大宮殿ドムス・アウレアの近くから『ラオコーン像』が出土したときに、自身熱心な古典学者でもあったローマ教皇ユリウス2世が入手し、この像を現在のバチカン美術館の一部にあたる庭園に置いた。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 31th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Inga,Brazillia,Inga drawings,線画,インガ, ミロのヴィーナス,Milos,ミロ,Hermaphorditus,Bergama,Turkey,Istabul,イスタンブール,ベルガマ,両性具有,Venus de Milo,Statue of Liberty,all are men,自由の女神,男,statue of liberty,Marianne,Phyrigian caps,Mithra,Mithraism,ミトラ教,はやし浩司,hiroshi hayashi,French revolution,フランス革命,ミトラ教教会,神殿,フリーメイソン,freemason,freemasonry,Makote,Mi-li Liu, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1514+1509 Nue Monster (鵺の仔)ぬえのこ・映画紹介 +Mystery of Kai-gawa River,Hoshino-miya Shrine(粥川・星宮神社の謎) Nue Monster in Fukubega-take(瓢が岳(ふくべがたけ)に住む妖怪) “Koma-inu" or Guardian dogs are not dogs, but they are Enlil, the God of Gods. 狛犬(こまいぬ)は犬ではない。狛犬は、神の中の神、エンリルだった。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/Av9T3CHQNNc Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 31st, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 鵺の仔,Nuenoko,Nue no ko,Kuratani,倉谷宜緒,Yoshio Kuratani,鵺,nue,Nue Monster,妖怪,粥川,かいがわ,白鳥,郡上,郡上踊り,川崎,星宮,円空,しろとり,shirotori,gujo,郡上踊り,Bon Dancing,Enku,Ishtar Gate,Enlil,Enki,Guardian dogs,lion-dogs,狛犬,こまいぬ,Guardian dogs,Azteca,Lion dancing,獅子舞,ワカ・パルティーダ,ペルー,彩色レリーフ,古代アンデス,神戸市外国大,発掘,sacrifice,human sacrifice,生贄,生け贄,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, Verneukpan,フェルヌークパン,オルメカ,アヌンナキ,ニビル,謎の古代文明, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】

2015年6月27日 (土)

The story of "The God of Gods"

1466+1429+1425+1424 Ahura Mazda, the God of all Gods (神の中の神、それがアフラ・マズダであった。) Mystery of Three Magi(謎の3人のマギ) 【Magi】Wikipedia In Iranian sources (イラン説) The term only appears twice in Iranian texts from before the 5th century BCE, and only one of these can be dated with precision. この言葉は、紀元前5世紀以前からは、イランの文献に2度現れる。そのうち1度だけは、日付が正確にわかっている。 This one instance occurs in the trilingual Behistun inscription of Darius the Great, and which can be dated to about 520 BCE. その一度というのは、ダリウス大王のベヒスツン(Behistun)の3言語で書かれた碑文の中にある。それによれば、紀元前520年とある。Eight Secrets of Buddhaブッダ、8つの謎 The Real Image of Buddha and who is He?, Where is He from ? ブッダの実像、ブッダは誰なのか。どこから来たのか。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/YS4RLUxd3W8

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 I say here that the God of all Gods is Ahura Mazda, though I am rather an atheist. Frankly I have no gods to believe in, but I say here again that the God of all Gods is Ahura Mazda. Here is another evidence. 私自身は、ほとんど無神論者です。ほとんどというのは、信ずる神をもたないという意味、です。 神の存在まで否定しているわけではないという意味です。 が、神の中の神はだれかと問われれば、もう迷わず、こう答えます。 アフラ・マズダである、と。 少なくともこの太陽系を支配する神ということになります。 そのことをさらに証明する証拠が、又兵衛さんより、届けられました。 この象牙に彫られたレリーフがそれです。 一見すると、キリストの受胎告知、降誕、さらには3人の賢者による祝福のようにも見えます。 が、又兵衛さんが指摘しておられるように、この3人も、フリギア帽子かぶっています。 ミトラ教のシンボルのフリギア帽です。 フリギアというのは、トルコ中部の古名です。 キリストの誕生のときに、フリギア帽子をかぶった賢者が、それを祝福するためにマリアのもとにかけつけるはずはありません。 Ancient Persian Inscriptions Link a Babylonian King to the Man Who Became Buddha 古代ペルシアの碑文により、バビロニアの王と、ブッダ(釈迦)になった男がつながった。 Dramatic evidence has revealed the presence of Siddhartha Gautama, the man who became Buddha, as far west as Persia. シッダルタ・ゴータマ(Shiddhartha Gautama)、つまり彼はブッダ(釈迦)になったのだが、その存在を示す劇的な証拠が、遠く西のペルシアで明らかになった。 Family seals and records found at Persepolis, the ancient capital of the fourth Persian Emperor, Darius the Great, have been identified and associated with the names of Siddhartha Gautama and his father, Suddhodana Gautama.  ペルセポリスで見つかったファミリー印章および記録(Family seals and records)によれば、第4ペルシア皇帝のダリウス大王(Darius the Great)が、シッダルタ・ゴータマ(=ブッダ)と、ブッダの父親のスドダナ・ゴータマ(Suddhodana Gautama)という名前と認識され、かつ関係していることがわかった。 The Persepolis Seals identified royals and other important personages within the Persian ruling sphere. ペルセポリスの印章により、王族および他のペルシアの支配地域の重要な人物が明らかになった。 Guatama was the name of the royal family of the Saka kingdom. ゴータマは、釈迦王国の王族家族の名前であった。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 June 19th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 神の中の神,スッドダーナ・ガウタマ,ガウタマ・スッドダーナ,Seda Arta Gautama,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,ペルセポリス,Buddha,Persepolis,Lumbini,ブッダ,はやし浩司,ブッダの正体,Darius the Great,ダリウス,Hiroshi Hayashi,Magi,占星術,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,はやし浩司,Three magi,3賢者,東方の3博士,Suddhodana Gautama,Gautama,ブッダ 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1467+1346+1318 Strange Connection between Vatican and Mohenjo-daro バチカンとモヘンジョダロの不思議な関係 Gods Nuclear Wars in Sinai, Marduk vs. Enlilites (神々による古代の核戦争・シナイ半島)マルドックvsエンリル派 Six ETs’ Wars (6つのエイリアン戦争) Gods’ Wars in Indus Valley, Puma punk,Greece and Roma,Renaissance, Nuremberg and Ft. Worth, USA) (神々の戦争・インダス谷、プーマプンク、ギリシア&ローマ、ルネッサンス、ニュルムベルグ、フォr-ト・ワース編) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/RjkG_850fn8

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is about a strange connection between Vatican City and Mohenjo-daro, Pakistan, now. First of all it is very strange to know that Daisenryo Mound, Japan, St. Peter Square, Vatican and Ka’aba, Mecca bear a very close resemblance to each other in shape when seen from the sky. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 1. Abstract (要約) 1 Some 4000+ years ago, the majority of the Anunnaki left Earth after had nuked the Sinai Spaceport and Sodom and Gomorrah. Marduk, however, who was Ea's eldest son, stayed on Earth with some of his loyal Lords. 1 およそ4000年前、アヌンナキの大部分は、地球を去った。同時に、シナイ半島の宇宙基地と、ソドムとゴモラを核で破壊した。しかしEA(エンリル)の長男のマードックは、彼の忠実な王とともに、地球に残った。 2 Marduk, in the past, married a human female (a crossbreed between Anunnaki and homo erectus), and was therefore forbidden to return to Nibiru; no human was allowed in "Heaven" (although some exceptions were made on occasion, such as Enoch, but otherwise, they were only short visits). 2 マードックは、過去において、人間の女性と結婚した。その女性というのは、アヌンナキと人間の混合種であった。それゆえに、つまり人間の女性と結婚したため、ニビルへ戻るとことを、許されなかった。人間は「天国(=ニビル)」へ入ることを許可されていなかった。(イーノックのような例外は、ときと場合にはあるが、そうでなければ、許可されたとしても、短期間のものであった。) 3 So, Marduk had to choose to either keep his hybrid wife and give up his royal status on Nibiru, or abandon his wife and keep his status. Marduk, whom already was angry with his own King Anu and his Council, due to them putting Nammur's bloodline before his own, more or less said, "screw it!" and kept his wife. 3そのため、マードックは、ハイブリッド種の妻といっしょに暮らし、ニビルでの皇族を失うか、それとも、妻を捨て、彼の地位を維持するべきかの選択をしなければならなかった。すでにアヌ王や枢機卿たちの怒りを受けていたこともあり、彼以前のナムールの血筋を引いていたので、マードックは、「(地位など)くそ食らえ」と言って、妻を選んだ。 4 However, he never forgot or forgave his own relatives, whom he thought had betrayed him, and he declared war against the Enlilites (the RAM clan), and now Marduk wanted to be the Ruler of Earth. 4しかしマードックは、彼の親族を忘れることも、許すことも決してなかった。彼の親族が、自分を裏切ったと考えていた。それでマードックは、エンリル一派(レプタリアン族)との対決を宣言し、地球の支配者になることを望んだ。 5 At least, that was better than being no king at all, he thought. So he fought a raging war against Inanna, the female Enlilite; a war which involved using humans as soldiers, dying in the thousands for the cause of two power-hungry Anunnaki. どなたもアイデア、理論の盗用、流用、転用はできません。とくにマスコミ関係の方は、固く禁じます。No one can use my ideas and theories in any case. These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 June 20th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 イルミナティ,illuminati,Sinai,Enoch,シナイ,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,Nuremberg,Puma Punk,Indus Valley,Greece and Roma,Fort Worth,Roman Copy,ローマン・コピー,Greek Sculptures,ギリシア彫刻,ミロのヴィーナス,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism,ミトラ教,Michelangelo,Leonardo da Vinci,Mary Magdalene, Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン,21世紀宇宙の旅,Space Odessay,Also sprach Zarathustra,Statue of Liberty, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1468 インカの奇妙な容器(vessel, bottle) Stramge vessels in Inca Here I show you some of the vessels, found in Peru, about which they explain these were used as bottles. Most of them as you see here were created too precisely for just bottles. I wonder if these are bottles. If so why do all of them here have got strange nozzles, which appear to be rather impractical. What are these nozzles for? Are these really bottles? Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/QQZQjLEVbK0

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 みなさんに、今、たいへん不思議な形状をしたvessels, つまり「容器」を見ていただいています。 説明文によっては、ボトルと書いてあるのもあります。 精緻な飾り物、あるいは置き物といった感じですが、これらには奇妙なノズルがついています。 いったいこれらのノズルは何かということです。 2本の管が、ボトルから出て、途中で1本にまとめられています。 ボトルということであれば、水筒のようにして使われたということでしょうか。 ノズルが、取っ手の役目をしているというわけです。 実際、そのようにして、つまりこの取っ手を握り、水を飲んでいる人の写真を見たことがあります。 しかしそれにしても、非実用的なボトルです。 どんな飲み物を入れたというのでしょうか。 またどうやって入れたというのでしょうか。 洗うときは、どうやって洗ったというのでしょうか。 もしノズル、あるいは呑口をつけるなら、もっと別の方法があったはずです。 取っ手にしても、おかしいですね。 それに強度は、これでだいじょうぶなのでしょうか。 あるいはどうして形を、このように複雑にしたのでしょうか。 はたしてこんな形で、何かの飲み物を入れたり、出したりすることができるのでしょうか。 今まで私が調べてきた謎とくらべると、マイナーな謎ですが、気になったので、こんなビデオを作ってみました。 おそらく現地、つまりインカ地方では、何かの説明がなされているものと思われます。 しかしそれとは別に、ここでは私なりに考えてみるとこにします。 ……というか、そういうことを考えるのも、たのしいですね。 。 June 21th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Inca,incan vessel,incan bottle,strange bottles,mystery in Inca,Incan mystery,インカの奇妙なボトル,容器,取っ手,ノズル, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1469+1439+1432+1261 The Tree of Life in Narita Temple. 成田山の生命の木 Malta’s Hypogeum vs Karakusa Pattern in Japan マルタの地下都市の壁画vs唐草模様 Mystery of Sephirothic Tree (Tree of Life). 生命の樹の謎 日本の「生命の樹」 五重塔の相輪は、生命の樹だった! “So-rin of Pagodas” are “Tree of Life”. 【Atagoさんより(2015-Jan.-04)】 「生命の樹」枝が左右5本ずつ=5段、2枚目「生命の樹」が実り樹冠部が明確になります。この画像では先端が繋がった枝のみ、左右1つとする(連理木単位)と◆になり、こちらも5重となります。法隆寺五重塔と比較しますと共通のコンセプトに思えます。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/jQ38xuP9_j4

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 The concept of a tree of life has been used in biology, religion, philosophy, and mythology. A tree of life is a common motif in various world theologies, mythologies, and philosophies. It alludes to the interconnection of all life on our planet and serves as a metaphor for common descent in the evolutionary sense. The term tree of life may also be used as a synonym for sacred tree. 生命の樹(せいめいのき、英語:Tree of Life)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。命の木とも訳される。生命の樹の実を食べると、神に等しき永遠の命を得るとされる。 カバラ(ユダヤ教神秘主義)ではセフィロトの木(英語: Sephirothic tree)という。 ヤハウェ・エロヒムが、アダムとエヴァをエデンの園から追放した理由は、知恵の樹の実を食べた人間が、生命の樹の実までも食べて永遠の生命を得、唯一絶対の神である自身の地位が脅かされることを恐れたためである。(ウィキペディア百科事典) These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. Masanori Yatagai 谷田貝将典 Hiroshi Hayashi はやし浩司 June 22nd, 2015 (May 22nd, 2015) 成田山,成田山の生命の木,聖蘭堂,Narita-san,Naritasan,マルタ,マルタの地下都市,Karakusa,唐草,Malta,セフィロトの樹,セフィロト,Sephirothic Tree,相輪,生命の樹,tree of life, Ring of Brodgar,Viking,Ring Fortress,Hiroshi Hayashi,Avebury,Trelleborg,North Europe,はやし浩司,バイキング,北欧の謎,Buckles,Serpent Mound,Teoteihuacan,Ring Fortress,Sophistry,Atago,Viking buckle,trinity,cross,so-rin,pagoda,mystery of Viking,brooch,ブローチ,Atago, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1470+1422+1419+1220+1246 Mystery of Aotsuka-Mound, Inoyama-city, Japan, as a Haniwa Calendar 犬山市の青塚古墳の謎、それはカレンダーだった(仮説) +Stonehenge as a Calnedar ストーンヘンジ・カレンダー説 Today’s story is about a mysterious mound in Inuyama-city, Aichi-pref., Japan, about which I just suppose it was a calendar for ancient people along with Stonehenge, Avebury UK, Carnac, France, and Jars, Laos. I thank Mr. Masanori Yatagai and his friends in Komaki-city, who guided me around the city. This is Aotsuka Mound in Inuyama-city, where you can see alignments of Bottle-shaped “Haniwa”, or clay figures along the lines. When I first had a look at the bottle-shaped Haniwa, those reminded me of the rock alignment in Jars in Laos, or a rock calendar. 小牧市の谷田貝将典さんの案内で、愛知県犬山市にある、青塚古墳を訪ねてみました。 この古墳の最大の特徴は、いわゆるつぼ型埴輪が、並んで見つかっているという点です。 現在、その壺は写真でご覧のように、復元され、並べられています。 私はそれを見たとき、まっさきにラオスのジャール平原にある列石を思い浮かべました。 ジャール平原の列石については、古代のカレンダーであったという結論を出しました。 で、青塚古墳では、それがつぼ型埴輪になっている。 私はそう考えました。 となると、その数が重要です。 埴輪の数は、何個だったのか? 青塚古墳は、3段になっています。 それぞれの段には、いくつの埴輪があったのか? Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/9qseB8bjvbQ

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. June 23rd, 2015 Masanori Yatagai Hiroshi Hayashi はやし浩司 犬山市,青塚古墳,Inuyama-city,Aotsuka Tomb mound,Aotsuka mound,John,Calendar,Stonehenge as Calendar,Stonehenge for a calendar,ストーンヘンジ・カレンダー説,Shogakukan,BBC Propaganda TV, BBCのプロパガンダ番組,Davyszabo,Stonehenge,Reconstructed,Mystery of Stonehenge,ストーヘンジ,再生遺跡,謎のストーンヘンジ,はやし浩司,浜松市,United Kingdom,Stonehenge, UK,re-constructed Stonehenge,fake ruins in UK,Hiroshi Hayashi,true story about Stonehenge,ストーン・ヘンジ,Stonehenge true,偽岩,fake rock,fake rock at Stonehenge,Fake Ruins,fake rock,Stonehenge,ハリボテ遺跡,偽遺跡,偽岩,擬岩,擬岩遺跡 The

神の中の神、アフラ・マズダ

1466+1429+1425+1424 Ahura Mazda, the God of all Gods (神の中の神、それがアフラ・マズダであった。) Mystery of Three Magi(謎の3人のマギ) 【Magi】Wikipedia In Iranian sources (イラン説) The term only appears twice in Iranian texts from before the 5th century BCE, and only one of these can be dated with precision. この言葉は、紀元前5世紀以前からは、イランの文献に2度現れる。そのうち1度だけは、日付が正確にわかっている。 This one instance occurs in the trilingual Behistun inscription of Darius the Great, and which can be dated to about 520 BCE. その一度というのは、ダリウス大王のベヒスツン(Behistun)の3言語で書かれた碑文の中にある。それによれば、紀元前520年とある。Eight Secrets of Buddhaブッダ、8つの謎 The Real Image of Buddha and who is He?, Where is He from ? ブッダの実像、ブッダは誰なのか。どこから来たのか。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/YS4RLUxd3W8

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 I say here that the God of all Gods is Ahura Mazda, though I am rather an atheist. Frankly I have no gods to believe in, but I say here again that the God of all Gods is Ahura Mazda. Here is another evidence. 私自身は、ほとんど無神論者です。ほとんどというのは、信ずる神をもたないという意味、です。 神の存在まで否定しているわけではないという意味です。 が、神の中の神はだれかと問われれば、もう迷わず、こう答えます。 アフラ・マズダである、と。 少なくともこの太陽系を支配する神ということになります。 そのことをさらに証明する証拠が、又兵衛さんより、届けられました。 この象牙に彫られたレリーフがそれです。 一見すると、キリストの受胎告知、降誕、さらには3人の賢者による祝福のようにも見えます。 が、又兵衛さんが指摘しておられるように、この3人も、フリギア帽子かぶっています。 ミトラ教のシンボルのフリギア帽です。 フリギアというのは、トルコ中部の古名です。 キリストの誕生のときに、フリギア帽子をかぶった賢者が、それを祝福するためにマリアのもとにかけつけるはずはありません。 Ancient Persian Inscriptions Link a Babylonian King to the Man Who Became Buddha 古代ペルシアの碑文により、バビロニアの王と、ブッダ(釈迦)になった男がつながった。 Dramatic evidence has revealed the presence of Siddhartha Gautama, the man who became Buddha, as far west as Persia. シッダルタ・ゴータマ(Shiddhartha Gautama)、つまり彼はブッダ(釈迦)になったのだが、その存在を示す劇的な証拠が、遠く西のペルシアで明らかになった。 Family seals and records found at Persepolis, the ancient capital of the fourth Persian Emperor, Darius the Great, have been identified and associated with the names of Siddhartha Gautama and his father, Suddhodana Gautama.  ペルセポリスで見つかったファミリー印章および記録(Family seals and records)によれば、第4ペルシア皇帝のダリウス大王(Darius the Great)が、シッダルタ・ゴータマ(=ブッダ)と、ブッダの父親のスドダナ・ゴータマ(Suddhodana Gautama)という名前と認識され、かつ関係していることがわかった。 The Persepolis Seals identified royals and other important personages within the Persian ruling sphere. ペルセポリスの印章により、王族および他のペルシアの支配地域の重要な人物が明らかになった。 Guatama was the name of the royal family of the Saka kingdom. ゴータマは、釈迦王国の王族家族の名前であった。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 June 19th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 神の中の神,スッドダーナ・ガウタマ,ガウタマ・スッドダーナ,Seda Arta Gautama,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,ペルセポリス,Buddha,Persepolis,Lumbini,ブッダ,はやし浩司,ブッダの正体,Darius the Great,ダリウス,Hiroshi Hayashi,Magi,占星術,ゴータマ・シッダルタ,シッダルタ・ゴータマ,はやし浩司,Three magi,3賢者,東方の3博士,Suddhodana Gautama,Gautama,ブッダ 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1467+1346+1318 Strange Connection between Vatican and Mohenjo-daro バチカンとモヘンジョダロの不思議な関係 Gods Nuclear Wars in Sinai, Marduk vs. Enlilites (神々による古代の核戦争・シナイ半島)マルドックvsエンリル派 Six ETs’ Wars (6つのエイリアン戦争) Gods’ Wars in Indus Valley, Puma punk,Greece and Roma,Renaissance, Nuremberg and Ft. Worth, USA) (神々の戦争・インダス谷、プーマプンク、ギリシア&ローマ、ルネッサンス、ニュルムベルグ、フォr-ト・ワース編) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/RjkG_850fn8

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is about a strange connection between Vatican City and Mohenjo-daro, Pakistan, now. First of all it is very strange to know that Daisenryo Mound, Japan, St. Peter Square, Vatican and Ka’aba, Mecca bear a very close resemblance to each other in shape when seen from the sky. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 1. Abstract (要約) 1 Some 4000+ years ago, the majority of the Anunnaki left Earth after had nuked the Sinai Spaceport and Sodom and Gomorrah. Marduk, however, who was Ea's eldest son, stayed on Earth with some of his loyal Lords. 1 およそ4000年前、アヌンナキの大部分は、地球を去った。同時に、シナイ半島の宇宙基地と、ソドムとゴモラを核で破壊した。しかしEA(エンリル)の長男のマードックは、彼の忠実な王とともに、地球に残った。 2 Marduk, in the past, married a human female (a crossbreed between Anunnaki and homo erectus), and was therefore forbidden to return to Nibiru; no human was allowed in "Heaven" (although some exceptions were made on occasion, such as Enoch, but otherwise, they were only short visits). 2 マードックは、過去において、人間の女性と結婚した。その女性というのは、アヌンナキと人間の混合種であった。それゆえに、つまり人間の女性と結婚したため、ニビルへ戻るとことを、許されなかった。人間は「天国(=ニビル)」へ入ることを許可されていなかった。(イーノックのような例外は、ときと場合にはあるが、そうでなければ、許可されたとしても、短期間のものであった。) 3 So, Marduk had to choose to either keep his hybrid wife and give up his royal status on Nibiru, or abandon his wife and keep his status. Marduk, whom already was angry with his own King Anu and his Council, due to them putting Nammur's bloodline before his own, more or less said, "screw it!" and kept his wife. 3そのため、マードックは、ハイブリッド種の妻といっしょに暮らし、ニビルでの皇族を失うか、それとも、妻を捨て、彼の地位を維持するべきかの選択をしなければならなかった。すでにアヌ王や枢機卿たちの怒りを受けていたこともあり、彼以前のナムールの血筋を引いていたので、マードックは、「(地位など)くそ食らえ」と言って、妻を選んだ。 4 However, he never forgot or forgave his own relatives, whom he thought had betrayed him, and he declared war against the Enlilites (the RAM clan), and now Marduk wanted to be the Ruler of Earth. 4しかしマードックは、彼の親族を忘れることも、許すことも決してなかった。彼の親族が、自分を裏切ったと考えていた。それでマードックは、エンリル一派(レプタリアン族)との対決を宣言し、地球の支配者になることを望んだ。 5 At least, that was better than being no king at all, he thought. So he fought a raging war against Inanna, the female Enlilite; a war which involved using humans as soldiers, dying in the thousands for the cause of two power-hungry Anunnaki. どなたもアイデア、理論の盗用、流用、転用はできません。とくにマスコミ関係の方は、固く禁じます。No one can use my ideas and theories in any case. These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. 。 June 20th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 イルミナティ,illuminati,Sinai,Enoch,シナイ,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,Nuremberg,Puma Punk,Indus Valley,Greece and Roma,Fort Worth,Roman Copy,ローマン・コピー,Greek Sculptures,ギリシア彫刻,ミロのヴィーナス,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism,ミトラ教,Michelangelo,Leonardo da Vinci,Mary Magdalene, Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン,21世紀宇宙の旅,Space Odessay,Also sprach Zarathustra,Statue of Liberty, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1468 インカの奇妙な容器(vessel, bottle) Stramge vessels in Inca Here I show you some of the vessels, found in Peru, about which they explain these were used as bottles. Most of them as you see here were created too precisely for just bottles. I wonder if these are bottles. If so why do all of them here have got strange nozzles, which appear to be rather impractical. What are these nozzles for? Are these really bottles? Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/QQZQjLEVbK0

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 みなさんに、今、たいへん不思議な形状をしたvessels, つまり「容器」を見ていただいています。 説明文によっては、ボトルと書いてあるのもあります。 精緻な飾り物、あるいは置き物といった感じですが、これらには奇妙なノズルがついています。 いったいこれらのノズルは何かということです。 2本の管が、ボトルから出て、途中で1本にまとめられています。 ボトルということであれば、水筒のようにして使われたということでしょうか。 ノズルが、取っ手の役目をしているというわけです。 実際、そのようにして、つまりこの取っ手を握り、水を飲んでいる人の写真を見たことがあります。 しかしそれにしても、非実用的なボトルです。 どんな飲み物を入れたというのでしょうか。 またどうやって入れたというのでしょうか。 洗うときは、どうやって洗ったというのでしょうか。 もしノズル、あるいは呑口をつけるなら、もっと別の方法があったはずです。 取っ手にしても、おかしいですね。 それに強度は、これでだいじょうぶなのでしょうか。 あるいはどうして形を、このように複雑にしたのでしょうか。 はたしてこんな形で、何かの飲み物を入れたり、出したりすることができるのでしょうか。 今まで私が調べてきた謎とくらべると、マイナーな謎ですが、気になったので、こんなビデオを作ってみました。 おそらく現地、つまりインカ地方では、何かの説明がなされているものと思われます。 しかしそれとは別に、ここでは私なりに考えてみるとこにします。 ……というか、そういうことを考えるのも、たのしいですね。 。 June 21th, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Inca,incan vessel,incan bottle,strange bottles,mystery in Inca,Incan mystery,インカの奇妙なボトル,容器,取っ手,ノズル, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1469+1439+1432+1261 The Tree of Life in Narita Temple. 成田山の生命の木 Malta’s Hypogeum vs Karakusa Pattern in Japan マルタの地下都市の壁画vs唐草模様 Mystery of Sephirothic Tree (Tree of Life). 生命の樹の謎 日本の「生命の樹」 五重塔の相輪は、生命の樹だった! “So-rin of Pagodas” are “Tree of Life”. 【Atagoさんより(2015-Jan.-04)】 「生命の樹」枝が左右5本ずつ=5段、2枚目「生命の樹」が実り樹冠部が明確になります。この画像では先端が繋がった枝のみ、左右1つとする(連理木単位)と◆になり、こちらも5重となります。法隆寺五重塔と比較しますと共通のコンセプトに思えます。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/jQ38xuP9_j4

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 The concept of a tree of life has been used in biology, religion, philosophy, and mythology. A tree of life is a common motif in various world theologies, mythologies, and philosophies. It alludes to the interconnection of all life on our planet and serves as a metaphor for common descent in the evolutionary sense. The term tree of life may also be used as a synonym for sacred tree. 生命の樹(せいめいのき、英語:Tree of Life)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。命の木とも訳される。生命の樹の実を食べると、神に等しき永遠の命を得るとされる。 カバラ(ユダヤ教神秘主義)ではセフィロトの木(英語: Sephirothic tree)という。 ヤハウェ・エロヒムが、アダムとエヴァをエデンの園から追放した理由は、知恵の樹の実を食べた人間が、生命の樹の実までも食べて永遠の生命を得、唯一絶対の神である自身の地位が脅かされることを恐れたためである。(ウィキペディア百科事典) These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. Masanori Yatagai 谷田貝将典 Hiroshi Hayashi はやし浩司 June 22nd, 2015 (May 22nd, 2015) 成田山,成田山の生命の木,聖蘭堂,Narita-san,Naritasan,マルタ,マルタの地下都市,Karakusa,唐草,Malta,セフィロトの樹,セフィロト,Sephirothic Tree,相輪,生命の樹,tree of life, Ring of Brodgar,Viking,Ring Fortress,Hiroshi Hayashi,Avebury,Trelleborg,North Europe,はやし浩司,バイキング,北欧の謎,Buckles,Serpent Mound,Teoteihuacan,Ring Fortress,Sophistry,Atago,Viking buckle,trinity,cross,so-rin,pagoda,mystery of Viking,brooch,ブローチ,Atago, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1470+1422+1419+1220+1246 Mystery of Aotsuka-Mound, Inoyama-city, Japan, as a Haniwa Calendar 犬山市の青塚古墳の謎、それはカレンダーだった(仮説) +Stonehenge as a Calnedar ストーンヘンジ・カレンダー説 Today’s story is about a mysterious mound in Inuyama-city, Aichi-pref., Japan, about which I just suppose it was a calendar for ancient people along with Stonehenge, Avebury UK, Carnac, France, and Jars, Laos. I thank Mr. Masanori Yatagai and his friends in Komaki-city, who guided me around the city. This is Aotsuka Mound in Inuyama-city, where you can see alignments of Bottle-shaped “Haniwa”, or clay figures along the lines. When I first had a look at the bottle-shaped Haniwa, those reminded me of the rock alignment in Jars in Laos, or a rock calendar. 小牧市の谷田貝将典さんの案内で、愛知県犬山市にある、青塚古墳を訪ねてみました。 この古墳の最大の特徴は、いわゆるつぼ型埴輪が、並んで見つかっているという点です。 現在、その壺は写真でご覧のように、復元され、並べられています。 私はそれを見たとき、まっさきにラオスのジャール平原にある列石を思い浮かべました。 ジャール平原の列石については、古代のカレンダーであったという結論を出しました。 で、青塚古墳では、それがつぼ型埴輪になっている。 私はそう考えました。 となると、その数が重要です。 埴輪の数は、何個だったのか? 青塚古墳は、3段になっています。 それぞれの段には、いくつの埴輪があったのか? Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/9qseB8bjvbQ

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. June 23rd, 2015 Masanori Yatagai Hiroshi Hayashi はやし浩司 犬山市,青塚古墳,Inuyama-city,Aotsuka Tomb mound,Aotsuka mound,John,Calendar,Stonehenge as Calendar,Stonehenge for a calendar,ストーンヘンジ・カレンダー説,Shogakukan,BBC Propaganda TV, BBCのプロパガンダ番組,Davyszabo,Stonehenge,Reconstructed,Mystery of Stonehenge,ストーヘンジ,再生遺跡,謎のストーンヘンジ,はやし浩司,浜松市,United Kingdom,Stonehenge, UK,re-constructed Stonehenge,fake ruins in UK,Hiroshi Hayashi,true story about Stonehenge,ストーン・ヘンジ,Stonehenge true,偽岩,fake rock,fake rock at Stonehenge,Fake Ruins,fake rock,Stonehenge,ハリボテ遺跡,偽遺跡,偽岩,擬岩,擬岩遺跡

Ancient Mysteries by Hiroshi Hayashi

ro1471+1091 Japanese Gods in Sumeru シュメールの中の、日本の神々 Japan in Mithraism, and I say here that, Japan is the Land of Gods ミトラ教の中の日本(日本は神々の国でした。) Japan where Gods were born and raised up. 日本、神々の生まれ育ちし国 Its Evidence and Proof (その証拠と証明) と思われます。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/HnCMXSKRdB4

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Today’s story is very essential for people overseas as well as for us Japanese. Because I say here that Gods in ancient Japan has a very close connection with Sumerian Gods. I know few people overseas know the name of the pre-history book in Japan,, named “Koziki” or “Ancient Writing in Japan”. There we see dozens of names of Gods who initiated the history of the world. I found Enlil and Enki in the book together with Ahura Mazda, or Anu, king of kings on this planet, the Erath. First you see Sumo wrestler, greeting to Gods when he won the game. 相撲の手刀をご存じですか。 勝った力士は3度、手刀を切ります。 まず左に、カミムスビノカミ、つぎに右に、タカミムスビノカミ、そして最後に、中央に、アメノミナカヌシノカミに、手刀を切ります。 これらの神々が、そのまま、エンリル、エンキ、そしてアフラマズダ(もしくはアヌ王)であることを、証明します。 日本の神々は、そのままシュメールの神々、そしてバビロニアの神々へとつながっていたのです。 この絵は、ミトラ教の神事の様子を表したものです。 向かって左にいるのが、エンリル、右にいるのが、エンキ。 エンキは三角形で表現されています。 後のフリーメイソンのシンボルマークにもなりました。 そして中央にフリジア帽をかぶったミトラがいますが、これはミトラ教の神事だからです。 それ以前は、当然、アフラマズダ、もしくはアヌ王がいたもの These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 June 24rd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 相撲,手刀,アフラマズダ,アフラ・マズダSumo,アメノミナカヌシノカミ,カミムスビノカミ,古事記,Kojiki,koziki,ancient history of japan,Japanese ancient history,日本の古代史,タカミムスビノカミ,ミトラ教,Enlil,Enki,Enlil,大仙陵,daisenryo mound,神々,日本,Japan,Secret of Japan,hiroshi hayashi,はやし浩司,holy rings,simenawa,shimenawa,Giza,Egypt,Gods’ Land,Japan,be ambitious,queen with mask,Jomon Venus,hurusato,ふるさと,故郷, Saitobaru,Ise,Ise Shrine,Dazaifu,Usa,Izumo,Japan,Line theory,Hiroshi Hayashi, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1472+351 Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan (A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan) 銅鏡の裏面にある、謎の目盛り (犬山市・東之宮古墳+宗像大社の卑弥呼の銅鏡) 宗像大社の謎の銅鏡、まさしく国宝 Mystery of Disk Mirror at Munakata Shrine, Munakata-city, Kyusyu Island, japan I hereby show you the most important Disk Mirror now in Japan. This is it and this has got a greatest mystery of Calendar. 宗像大社に残る銅鏡を紹介します。まさに国宝。卑弥呼にいちばん近いところにあった銅鏡です。沖ノ島との関係も、このビデオの中で、説明します。 My wife and I had a very good time with some of good people in Komaki-city, Mr. Masanori Yatagai and his friends who guided me around the city. Higashino-miya Mound is one of them and there several disc mirrors have been unearthed. Here it’s my pleasure to show one of them and it has got graduations along with the circumference of the mirror. They say these are “mirrors”, but they have another more important meanings on the reverse side of the mirror, about which little attention is paid. Are these just mirrors? No! I show you another evidence that these are NOT. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/5CgkjwfBM6s

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 谷田貝将典さんの案内で、愛知県犬山市にある、東之宮古墳へ行ってきました。 成田山の裏手の山の頂上付近にあると思っていただければ、わかりやすいと思います。 成田山は、その下にあります。 言い換えると、成田山は、この東之宮古墳の下に造営されたと考えることもできます。 山に登りながら私が考えたことは、どうしてこんな山の中の頂上に、です。 たいへんな工事だったと推察されます。 もし、人間が造ったなら、ということですが。。。 東之宮古墳は、愛知県でももっとも古い古墳と考えられています。 また同時に、多数の銅鏡が発掘されたことでもよく知られています。 これらがその銅鏡ですが、その中のひとつに注目してみました。 犬山市が発行する、資料の表紙を飾っている銅鏡です。 最初、それを見たとき、あまりにも美しい、つまり保存状態がよいのに驚きました。 目盛りがしっかりと読み取れます。 こうした銅鏡はたいへん珍しく、沖ノ島で見つかった卑弥呼の銅鏡と言われるものよりも、美しい銅鏡ということになります。 現在、その卑弥呼の銅鏡は、福岡県の宗像大社に保存、展示されています。 そのビデオは、このビデオのあとに、つなげておきますから、どうかご覧ください。 その卑弥呼の銅鏡には、とんでもない謎が隠されていました。 #351で、ちょうど2年前の2013年の6月に私が発見し、ビデオ化したものです。 みなさんも驚かれると思いますが、銅鏡は、表の鏡ばかりが注目されていますが、これはおかしいですね。 銅鏡の裏側、つまり今まで銅鏡の「飾り」と考えられていた裏側にこそ、もっと重要な意味が隠されていたのです。 今まで、その謎解きに挑戦した人はいません。 少なくとも、2013年の6月に、私が宗像大社にある卑弥呼の銅鏡の謎に挑戦するまで、そうした視点で、銅鏡の謎を考えた人を、私は知りません。 (参考、ウィキペディア百科事典) 古代には、冬至を1年の始まりとしていた。 その名残で、現在でも冬至は暦の基準とな っている。中国や日本で採用されていた太 陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義 しているが、19年に1度、冬至の日が11 月1日となることがあり、これを朔旦冬至 (さくたんとうじ)という。太陰太陽暦 では、19年7閏の周期を「章」と称し、古 い章から新しい章への切り替えとなる年を 新しい章の最初の年という意味で「章首」 と呼んだ。章首の年にはまず前の章の締め くくりに当たる7番目の閏月を迎え、その 後に到来するその年の冬至をもって新しい 章の開始とされた。そして、その章首にお ける冬至の日は必ず朔旦冬至となるように 暦法が作られるのが原則とされていた。 朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、 19年7閏原則に基づく暦が正確に運用され ているということである。暦の正確さは、 政治が正しく行われていることの証である として、朔旦冬至は盛大に祝われた。中国 では古くから行われ、659年に偶々遣唐使 が唐の都・洛陽に滞在中で儀式への参加が 許されている。日本では唐風儀式の取り入 れに積極的であった桓武天皇の784年に初 めて儀式が行われた。なお、11月1日は元 々翌年の暦を天皇に奏進する御暦奏も行われ ていたことから、非常に盛大な行事となった。 日本暦学の祖といわれる吉備真備が遣唐使 の一行の一人としてAD735年に唐から持 ち帰ったものの中にも「測影鉄尺一枚」と、 太陽の影の長さを測るための道具(冬至の 日を求めるためにつかう)の名が見える。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 June 24rd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1473+1375+1163+1161+1160 Aliens’ Paintings(Its Proof and Evidence) エイリアンによって描かれた絵画(その証拠と証明) 新疆古代岩画測年国際協力研究考察チームはこのほど、新疆ウイグル自治区カバ県の多尕特洞窟カラー岩画群を考察中に飛行機のような形をした絵を発見した。 考古学者は6月12、13日の考察研究後、「多尕特洞窟岩画群はアルタイ地区で岩画が最も多い場所であり、時期と年代は異なるが、それぞれの時期の特徴が見られる」と話した。【Mystery of Eight Hand Prints in Caves(謎の手形)】 What for and why? And why are people so much skeptical to see the facts? 何のため、どうして? また人々はそこにある事実について、そんなにも懐疑的なのか? Mystery of Hand-print Painting in Mulka’s Cave(マルカ・ケイブの手形の謎) Aliens, who came to this Planet, the Earth, 40,000 years ago.(Its Evidence and Proof) 4万年前に地球へやってきたエイリアン、その証拠と証明 (エイリアンは少なくとも4万年前から、この地球にいます。今もここにいます。その証拠と証明。) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/pHJ4oDAi0fg

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 KO24 June 25th, 2015 (Nov.18th, 2014) Xinjiang,新疆,手形,ポンダルク,ポン・ダルク,Pont darc,Chauvet,Lascaux,ラスコー,洞窟の手形,手型,Gua Tewet,Mulka’s Cave,Elcastillo Cave,Oxtotitlan,Mulka’s Cave,Australia,hand print painting in Mulka,手形,マルカ,マルカ・ケイブ, Boyd Bushman,Aliens Hand,Aliens’ hands,エイリアンの手,SHIGE,Lascaux,Pha Taem,Cueva de la Manos,Sulawesi,インドネシアの手形,タイの手形,手形,謎の手形,手型,hand prints,茅野市,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1474+1376+1190+1138B+833+1092 【History of Gods】 神々の歴史 Where are we from and where will we go? 【Story of Gods】 First of all, I’d like just to say, this is a STORY. A kind of Fiction. According to Xecharia Sichin, there used to be two Gods. One is Enlil, and another one is Enki. Both were opposed to each other on the modification or improvement of human-beings. Enki, however,  did it, against Enlil. Enki improved the breed of human-beings. Then human-beings were born. +On Humans:Where did Humans come from and where will Humas go? Tall Whites or Nordics 人間について:人間はどこから来たのか、またどこへ行くのか・トールホワイト(ノルディック編) ○Gods’ Greeting Cards(神々が残した名刺) Human Race were created and invented by Aliens outside this solar system, long time ago, about several billions years ago. Its scientific evidence. 人間はこの太陽系外で、エイリアンによって数十億年前に作られた。その科学的証拠。 『Their research has led the scientists to conclude that we were invented "outside the solar system, already several billion years ago". 要するに、彼らの研究によれば、結論はこうである。私たち人間は、太陽系の外で発明され、すでにそれから数10億年がたっているということ。 One mystery remains: If we were the creation of aliens, who created them? ひとつの謎が残る。それはもし私たち人間が、エイリアンによって作れられたものだとするなら、そのエイリアンは、だれによって創られたのかという謎である』(UFO Sightings Hotspotより) Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/hvwT5UCq5MY

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 June 26th, 2015 (Nov.18th, 2014) 神々の歴史,History of Gods,Nordic,tall whites,白人種,Jupiter,ジュピター,神々の名刺,per aliens,humanoids,god of gods,神の中の神,スーパー・エイリアン,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,gene manipulation,遺伝子操作,Hamamatsu-city,浜松,遺伝子,作られた人間,作られた神々, Eye of Providence,Prometheus,プロメテウス,Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン,21世紀宇宙の旅,Space Odessay,Also,Junk DNA,Yoshihiro Akita, sprach Zarathustra,Statue,iberty,Baccus,Dionysos,Freemason,Zoroastrianism,HiroshiHayashi 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】 1475+Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan (A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan) 銅鏡の裏面にある、謎の目盛り (犬山市・東之宮古墳+宗像大社の卑弥呼の銅鏡) 宗像大社の謎の銅鏡、まさしく国宝 Mystery of Disk Mirror at Munakata Shrine, Munakata-city, Kyusyu Island, japan I hereby show you the most important Disk Mirror now in Japan. This is it and this has got a greatest mystery of Calendar. 宗像大社に残る銅鏡を紹介します。まさに国宝。卑弥呼にいちばん近いところにあった銅鏡です。沖ノ島との関係も、このビデオの中で、説明します。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/5CgkjwfBM6s

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 【ransukeさんより】 (2015-06-25) 私も東之宮古墳の銅鏡の三角形と半円形を数えてみました。 結果は、はやしさんと同じです。 (目盛は読み取れませんでしたが360前後はありそうです。) ①161=7×23 ②139 素数 ③103 素数 ④89+? ?部(Gブロック)の画像をみると三角形が13個ある ようにみえます。 161+103+89+13=366(365+1) 又は、13個の内7個を⇒1つにまとめているようにもみえます。 (1人の天使部分) 残り6+1=7 161+103+89+7=360(30×12) 合計すると 161+139+103+89+13=505 又は 161+139+103+89+7=499 一方、卑弥呼の銅鏡は 19×7=133 130+121+115=366 133+366=499 残りの目盛を足すと 499+365=864 ⇒6×6×6×4 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 June 26th, 2015 (Nov.18th, 2014) 犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島, 【Hiroshi Hayashi******June  2015******はやし浩司・林浩司】

古代文明・謎の点と線

1471+1091

Japanese Gods in Sumeru

シュメールの中の、日本の神々

Japan in Mithraism, and I say here that, Japan is the Land of Gods

ミトラ教の中の日本(日本は神々の国でした。)

Japan where Gods were born and raised up.

日本、神々の生まれ育ちし国

Its Evidence and Proof

(その証拠と証明)

と思われます。

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

https://youtu.be/HnCMXSKRdB4

 

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/HnCMXSKRdB4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

Today’s story is very essential for people overseas as well as for us Japanese.

Because I say here that Gods in ancient Japan has a very close connection with Sumerian Gods.

I know few people overseas know the name of the pre-history book in Japan,, named “Koziki” or “Ancient Writing in Japan”.

There we see dozens of names of Gods who initiated the history of the world.

I found Enlil and Enki in the book together with Ahura Mazda, or Anu, king of kings on this planet, the Erath.

First you see Sumo wrestler, greeting to Gods when he won the game.

相撲の手刀をご存じですか。

勝った力士は3度、手刀を切ります。

まず左に、カミムスビノカミ、つぎに右に、タカミムスビノカミ、そして最後に、中央に、アメノミナカヌシノカミに、手刀を切ります。

これらの神々が、そのまま、エンリル、エンキ、そしてアフラマズダ(もしくはアヌ王)であることを、証明します。

日本の神々は、そのままシュメールの神々、そしてバビロニアの神々へとつながっていたのです。

この絵は、ミトラ教の神事の様子を表したものです。

向かって左にいるのが、エンリル、右にいるのが、エンキ。

エンキは三角形で表現されています。

後のフリーメイソンのシンボルマークにもなりました。

そして中央にフリジア帽をかぶったミトラがいますが、これはミトラ教の神事だからです。

それ以前は、当然、アフラマズダ、もしくはアヌ王がいたもの

 

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。

 

June 24rd, 2015

Hiroshi Hayashi

はやし浩司

 

相撲,手刀,アフラマズダ,アフラ・マズダSumo,アメノミナカヌシノカミ,カミムスビノカミ,古事記,Kojiki,koziki,ancient history of japan,Japanese ancient history,日本の古代史,タカミムスビノカミ,ミトラ教,Enlil,Enki,Enlil,大仙陵,daisenryo mound,神々,日本,Japan,Secret of Japan,hiroshi hayashi,はやし浩司,holy rings,simenawa,shimenawa,Giza,Egypt,Gods Land,Japan,be ambitious,queen with mask,Jomon Venus,hurusato,ふるさと,故郷, Saitobaru,Ise,Ise Shrine,Dazaifu,Usa,Izumo,Japan,Line theory,Hiroshi Hayashi,

 

 

Hiroshi Hayashi******June 2015******はやし浩司・林浩司】

 

1472+351

Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan

A Disc Mirror in Inuyama-city and Himoko’s Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan

銅鏡の裏面にある、謎の目盛り

(犬山市・東之宮古墳+宗像大社の卑弥呼の銅鏡)

宗像大社の謎の銅鏡、まさしく国宝

Mystery of Disk Mirror at Munakata Shrine, Munakata-city, Kyusyu Island, japan

I hereby show you the most important Disk Mirror now in Japan. This is it and this has got a greatest mystery of Calendar.

宗像大社に残る銅鏡を紹介します。まさに国宝。卑弥呼にいちばん近いところにあった銅鏡です。沖ノ島との関係も、このビデオの中で、説明します。

My wife and I had a very good time with some of good people in Komaki-city, Mr. Masanori Yatagai and his friends who guided me around the city.

Higashino-miya Mound is one of them and there several disc mirrors have been unearthed.

Here it’s my pleasure to show one of them and it has got graduations along with the circumference of the mirror.

They say these are “mirrors”, but they have another more important meanings on the reverse side of the mirror, about which little attention is paid.

Are these just mirrors?

No!

I show you another evidence that these are NOT.

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

https://youtu.be/5CgkjwfBM6s

 

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5CgkjwfBM6s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

谷田貝将典さんの案内で、愛知県犬山市にある、東之宮古墳へ行ってきました。

成田山の裏手の山の頂上付近にあると思っていただければ、わかりやすいと思います。

成田山は、その下にあります。

言い換えると、成田山は、この東之宮古墳の下に造営されたと考えることもできます。

山に登りながら私が考えたことは、どうしてこんな山の中の頂上に、です。

たいへんな工事だったと推察されます。

もし、人間が造ったなら、ということですが。。。

 

東之宮古墳は、愛知県でももっとも古い古墳と考えられています。

また同時に、多数の銅鏡が発掘されたことでもよく知られています。

これらがその銅鏡ですが、その中のひとつに注目してみました。

犬山市が発行する、資料の表紙を飾っている銅鏡です。

最初、それを見たとき、あまりにも美しい、つまり保存状態がよいのに驚きました。

目盛りがしっかりと読み取れます。

こうした銅鏡はたいへん珍しく、沖ノ島で見つかった卑弥呼の銅鏡と言われるものよりも、美しい銅鏡ということになります。

現在、その卑弥呼の銅鏡は、福岡県の宗像大社に保存、展示されています。

そのビデオは、このビデオのあとに、つなげておきますから、どうかご覧ください。

その卑弥呼の銅鏡には、とんでもない謎が隠されていました。

#351で、ちょうど2年前の2013年の6月に私が発見し、ビデオ化したものです。

みなさんも驚かれると思いますが、銅鏡は、表の鏡ばかりが注目されていますが、これはおかしいですね。

銅鏡の裏側、つまり今まで銅鏡の「飾り」と考えられていた裏側にこそ、もっと重要な意味が隠されていたのです。

今まで、その謎解きに挑戦した人はいません。

少なくとも、2013年の6月に、私が宗像大社にある卑弥呼の銅鏡の謎に挑戦するまで、そうした視点で、銅鏡の謎を考えた人を、私は知りません。

 

(参考、ウィキペディア百科事典)

 

古代には、冬至を1年の始まりとしていた。

その名残で、現在でも冬至は暦の基準とな

っている。中国や日本で採用されていた太

陰太陽暦では、冬至を含む月を11月と定義

しているが、19年に1度、冬至の日が11

1日となることがあり、これを朔旦冬至

(さくたんとうじ)という。太陰太陽暦

では、197閏の周期を「章」と称し、古

 

い章から新しい章への切り替えとなる年を

新しい章の最初の年という意味で「章首」

と呼んだ。章首の年にはまず前の章の締め

くくりに当たる7番目の閏月を迎え、その

後に到来するその年の冬至をもって新しい

章の開始とされた。そして、その章首にお

ける冬至の日は必ず朔旦冬至となるように

暦法が作られるのが原則とされていた。

 

朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、

197閏原則に基づく暦が正確に運用され

ているということである。暦の正確さは、

政治が正しく行われていることの証である

として、朔旦冬至は盛大に祝われた。中国

では古くから行われ、659年に偶々遣唐使

が唐の都・洛陽に滞在中で儀式への参加が

許されている。日本では唐風儀式の取り入

 

れに積極的であった桓武天皇の784年に初

めて儀式が行われた。なお、111日は元

々翌年の暦を天皇に奏進する御暦奏も行われ

ていたことから、非常に盛大な行事となった。

 

日本暦学の祖といわれる吉備真備が遣唐使

の一行の一人としてAD735年に唐から持

ち帰ったものの中にも「測影鉄尺一枚」と、

太陽の影の長さを測るための道具(冬至の

日を求めるためにつかう)の名が見える。

 

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。

 

June 24rd, 2015

Hiroshi Hayashi

はやし浩司

 

犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島,

 

 

Hiroshi Hayashi******June 2015******はやし浩司・林浩司】

 

1473+1375+1163+1161+1160

Aliens’ Paintings(Its Proof and Evidence)

エイリアンによって描かれた絵画(その証拠と証明)

新疆古代岩画測年国際協力研究考察チームはこのほど、新疆ウイグル自治区カバ県の多特洞窟カラー岩画群を考察中に飛行機のような形をした絵を発見した。

考古学者は61213日の考察研究後、「多特洞窟岩画群はアルタイ地区で岩画が最も多い場所であり、時期と年代は異なるが、それぞれの時期の特徴が見られる」と話した。Mystery of Eight Hand Prints in Caves(謎の手形)】

What for and why? And why are people so much skeptical to see the facts?

何のため、どうして? また人々はそこにある事実について、そんなにも懐疑的なのか?

Mystery of Hand-print Painting in Mulkas Cave(マルカ・ケイブの手形の謎)

Aliens, who came to this Planet, the Earth, 40,000 years ago.Its Evidence and Proof

4万年前に地球へやってきたエイリアン、その証拠と証明

(エイリアンは少なくとも4万年前から、この地球にいます。今もここにいます。その証拠と証明。)

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

https://youtu.be/pHJ4oDAi0fg

 

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/pHJ4oDAi0fg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。

 

Hiroshi Hayashi

はやし浩司

KO24

June 25th, 2015 (Nov.18th, 2014)

 

Xinjiang,新疆,手形,ポンダルク,ポン・ダルク,Pont darc,Chauvet,Lascaux,ラスコー,洞窟の手形,手型,Gua Tewet,Mulkas Cave,Elcastillo Cave,Oxtotitlan,Mulkas Cave,Australia,hand print painting in Mulka,手形,マルカ,マルカ・ケイブ, Boyd Bushman,Aliens Hand,Aliens hands,エイリアンの手,SHIGE,Lascaux,Pha Taem,Cueva de la Manos,Sulawesi,インドネシアの手形,タイの手形,手形,謎の手形,手型,hand prints,茅野市,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,Chino,Chino City,Pha Team,Lascaux,Tashili n Ajjer,Cueva de las Manos,Baja,PintadosIdoziri Archeological Museum,hand marks,手形,謎の手形,

 

 

Hiroshi Hayashi******June 2015******はやし浩司・林浩司】

 

1474+1376+1190+1138B+833+1092

History of Gods

神々の歴史

Where are we from and where will we go?

Story of Gods

First of all, I’d like just to say, this is a STORY.

A kind of Fiction.

According to Xecharia Sichin, there used to be two Gods.

One is Enlil, and another one is Enki.

Both were opposed to each other on the modification or improvement of human-beings.

Enki, however, did it, against Enlil.

Enki improved the breed of human-beings.

Then human-beings were born.

 

On HumansWhere did Humans come from and where will Humas go?

Tall Whites or Nordics

人間について:人間はどこから来たのか、またどこへ行くのか・トールホワイト(ノルディック編)

Gods Greeting Cards(神々が残した名刺)

Human Race were created and invented by Aliens outside this solar system, long time ago, about several billions years ago. Its scientific evidence.

人間はこの太陽系外で、エイリアンによって数十億年前に作られた。その科学的証拠。

Their research has led the scientists to conclude that we were invented "outside the solar system, already several billion years ago".

要するに、彼らの研究によれば、結論はこうである。私たち人間は、太陽系の外で発明され、すでにそれから数10億年がたっているということ。

One mystery remains: If we were the creation of aliens, who created them?

ひとつの謎が残る。それはもし私たち人間が、エイリアンによって作れられたものだとするなら、そのエイリアンは、だれによって創られたのかという謎である』(UFO Sightings Hotspotより)

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

https://youtu.be/hvwT5UCq5MY

 

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/hvwT5UCq5MY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。

 

Hiroshi Hayashi

はやし浩司

June 26th, 2015 (Nov.18th, 2014)

 

神々の歴史,History of Gods,Nordic,tall whites,白人種,Jupiter,ジュピター,神々の名刺,per aliens,humanoids,god of gods,神の中の神,スーパー・エイリアン,はやし浩司,Hiroshi Hayashi,gene manipulation,遺伝子操作,Hamamatsu-city,浜松,遺伝子,作られた人間,作られた神々, Eye of Providence,Prometheus,プロメテウス,Freemason,Mystery of Freemason,フリーメーソン,21世紀宇宙の旅,Space Odessay,Also,Junk DNA,Yoshihiro Akita, sprach Zarathustra,Statue,iberty,Baccus,Dionysos,Freemason,Zoroastrianism,HiroshiHayashi

 

 

Hiroshi Hayashi******June 2015******はやし浩司・林浩司】

 

1475+Mysterious Number of Graduations of Disc Mirrors, unearthed in Japan

A Disc Mirror in Inuyama-city and Himokos Mirror at Munakata Taisha, Fukuoka, Japan

銅鏡の裏面にある、謎の目盛り

(犬山市・東之宮古墳+宗像大社の卑弥呼の銅鏡)

宗像大社の謎の銅鏡、まさしく国宝

Mystery of Disk Mirror at Munakata Shrine, Munakata-city, Kyusyu Island, japan

I hereby show you the most important Disk Mirror now in Japan. This is it and this has got a greatest mystery of Calendar.

宗像大社に残る銅鏡を紹介します。まさに国宝。卑弥呼にいちばん近いところにあった銅鏡です。沖ノ島との関係も、このビデオの中で、説明します。

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

https://youtu.be/5CgkjwfBM6s

 

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/5CgkjwfBM6s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

 

ransukeさんより】

(2015-06-25)

私も東之宮古墳の銅鏡の三角形と半円形を数えてみました。

 結果は、はやしさんと同じです。

(目盛は読み取れませんでしたが360前後はありそうです。)

 

1617×23

139 素数

103 素数

89+?

 

 ?部(Gブロック)の画像をみると三角形が13個ある

ようにみえます。

161+103+89+13=366365+1

 

 又は、13個の内7個を⇒1つにまとめているようにもみえます。

1人の天使部分)

 残り6+1=7

 161+103+89+7=36030×12

 

 合計すると

161+139+103+89+13=505

又は

161+139+103+89+7=499

 

一方、卑弥呼の銅鏡は

19×7=133

 130+121+115=366

 

 133+366=499

 

残りの目盛を足すと

499+365=864 ⇒6×6×6×4

 

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.

アイデアの無断転用、流用、盗用を禁止します。

 

Hiroshi Hayashi

はやし浩司

June 26th, 2015 (Nov.18th, 2014)

 

犬山市,東之宮古墳,銅鏡,卑弥呼,Higashinomiya Mound.宗像大社,銅鏡,神獣鏡,Disk Mirror,沖ノ島, はやし浩司,謎の点と線,古代文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystry,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司.secret,邪馬台国,卑弥呼,成都,敦煌,済州島,西都原,古墳群,宇佐大社,太宰府天満宮,謎のアジア,Himiko,Mystery of Himiko,卑弥呼,邪馬台国,卑弥呼の隠し財宝,卑弥呼の財宝,沖ノ島,はやし浩司,沖ノ島,

 

 

Hiroshi Hayashi******June 2015******はやし浩司・林浩司】

«Tomb Mounds are not for Tombs, but Landing Places for UFOs

無料ブログはココログ