« 鵺の仔(ぬえのこ) | トップページ | ダビンチは1500年後のイエスであったbyはやし浩司 »

2015年7月31日 (金)

古代文明の謎 by はやし浩司(2015-7月)

えいn1501 Giant Pyramid in Mexico, Tonina Pyramid メキシコ最大のピラミッド発見・トニナ・ピラミッド+アステカ文明 It was just over five years ago that researchers in Mexico discovered an enormous pyramid of Maya civilization in Tonina, Chiapas. The fact that the pyramid had remained concealed under what was believed to be a natural hill for around 1700 years is truly incredible, particularly considering that it has been confirmed as the largest pyramid in Mexico and is even taller than Teotihuacan’s enormous Pyramid of the Sun. The Pyramid, which measures 75 meters in height, was first excavated by archaeologists in 2010. Here in this video, I’d like to prove that this Pyramid might have been constructed by Aliens from the outer space on my Nazca Theory. +1272+1257 “Kame” stands for UFOs in Japan. 「亀」は、UFOだった。 Turtle-shapes UFO's in Japan 日本の亀型UFO A new story of “Urashima Taro” or Taro in Urashma Island 新説「浦島太郎」 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/XRHlKMvM6Sw Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 メキシコで、世界最大級のピラミッドが発見されました。 発見されたのは2010年。 たったの5年前です。 それまではただの丘と思われていました。 高さは75メートルもあり、テオティワカンの太陽のピラミッドより大きいと確認されています。 この情報は、森本智さんから、いただきました。 さっそく調べてみることにしました。 こうしたピラミッドが、1700年近くも土の中に埋もれていたというのは、まさに驚きでしかありません。 で、今日は私のナスカ理論を使って、このピラミッドの建設にも、私たちがエイリアンと呼ぶ地球外からやって来た人たちが関わっていたことを、このビデオの中で説明します。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 19th, 2015 Hiroshi Hayashi 浦島太郎,はやし浩司,亀形UFO,Urashima Taro,Hiroshi Hayashi,turtle-shaped UFO,亀形UFO,亀型UFO,Tonina,Maya,Azteca,Olmeca,Olmec Pyramid, Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 1502+1357 Nobonaga’s Portrait in Mystery 信長の謎の肖像画 The Portrait, created on 2D Photograph Technology? 2D写真技術を使って作られた信長の肖像画? States period and was recognized as one of Japan's greatest rulers. Nobunaga was very interested in European culture which was still very new to Japan. He collected pieces of Western art as well as arms and armor, and he is considered to be among the first Japanese people in recorded history to wear European clothes. He also became the patron of the Jesuit missionaries in Japan and supported the establishment of the first Christian church in Kyoto in 1576, although he remained an adamant atheist and never converted to Christianit The portrait is said to have been created by one of the missionaries. Today’s story is about the portrait, which was most probably created on 2D photograph techonoly about which I prove it to be so in this video. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/ZhB5-Ar_nRo

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 ここに織田信長の肖像画があります。 かつて日本へやってきた宣教師が描き残したという肖像画です。 あまりにも精緻に描かれているという点で、写真技術を使って描かれたのではないかと疑われています。 現存する肖像画は、明治時代に写真として残されたものです。 原画は、戦災で焼失したということです。 で、あまりにも精緻なため、明治時代にねつ造されたのではないかという説もあります。 が、それにしても精緻ですね。 で、今日はこの肖像画を検証してみますが、検証してみたとたん、私は驚きました。 ダビンチの描いたモナリザと同じように、陰影画法、つまり写真と同じ表現方法で描かれているのみならず、光線の方向が、きわめて正確に表現されています。 私の写真とまず見比べてみてください。 + Rembrandt Paintings on Photo Technology(写真技術で作られたレンブラントの絵、証拠と証明) Mystery of Rembrandt van Rijin+Mystery of William A. Bougereau 謎のレンブラント(解剖の図)+ブーグローの謎 Doubt your own common sense! (自分の常識を疑ってみよう!) Just take a wonder if you are in the thick walls of common sense, in which you have got lost yourself in the labylinth of mysteries.I say here that “Open the door and see the world outside of your world, and then you can see much wonderful world just lying in front of you. あなたは常識という厚い壁の中にいませんか。その中で、つまりその壁の中にある、謎の迷路で迷子になっていませんか。私はあなたにこう提案します。ドアを少しあけて、常識の壁の外の世界を見てみなさい、と。そうすればあなたはあなたの前に広がっているすばらしい世界を見ることができますよ、と。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 20th, 2015 Hiroshi Hayashi 織田信長,Oda Nobunaga,nobunaga,nobunaga,oda Nobunaga,Portrait,レンブラント,解剖の図,photograph technology,写真技術,Rembrandt,ゴッホ,レンブラント,Gogh,Rembrandt,Pura Puseh Temple,David,Michelangelo,常識の謎,弥勒菩薩半跏思惟像,みろくぼさつはんかしいぞう,Amidanyorai ,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,bougueraeu, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1503 Jesus is Shamash (Its Proof and Evidence) イエスはシャマーシュだった(証拠と証明) イエスズ会の紋章がその証拠であった。 The Symbol Mark of the Society of Jesus (Jesuit) is the Evidence. +Jesus Christ was Helios (Shamash, God of the Sun) , its Proof and Evidence. イエス・キリストは、ヘリオス(Shamash・太陽の神)だった、その証拠と証明。 Ancient Greek Gods tried to leave their history of Gods in their sculptures. It indicate that when we see their sculptures, we can know the history of the ancient Gods. 古代ギリシアの神々は、彫刻という形で、神々の歴史を人間に残そうとしました。言い換えると、彫刻を見れば、神々の歴史がわかるというわけです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/U3YESPigW8I Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 21st, 2015 Hiroshi Hayashi Jesus=shamash,Madonna=Ishtar,イエスはシャマーシュ,シャマシュ,ダビンチ,イエス,1500年後,Shamash,Helios,Mithras,Ishtar,Inanna,Mari,Jesus Christ,ヘリオス,アポロ,ミトラ,イエス・キリスト,Hiroshi Hayashi,はやし浩司,キリストの正体,Who is Jesus Christ,Christ,Mari,Maria,マリア,マリ,神々の歴史,History of Gods,pieta,Holy Shroud,聖骸布,ピエタ像,ミケランジェロ,ダビンチ,Michelangelo,Da Vinci,History of Gods,神々の歴史,Rhea,Hellios,Mithras,Apollo,Mithraism, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1504+1268 “Koma-inu" or Guardian dogs are not dogs, but they are Enlil, the God of Gods. 狛犬(こまいぬ)は犬ではない。狛犬は、神の中の神、エンリルだった。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/4gdlvbJ1RZE Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 22nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 Jan.17th, 2015 Ishtar Gate,Enlil,Enki,Guardian dogs,lion-dogs,狛犬,こまいぬ,Guardian dogs,Azteca,Lion dancing,獅子舞,ワカ・パルティーダ,ペルー,彩色レリーフ,古代アンデス,神戸市外国大,発掘,sacrifice,human sacrifice,生贄,生け贄,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, Verneukpan,フェルヌークパン,オルメカ,アヌンナキ,ニビル,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines,林 浩司,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1505+970+183  Mystery of the Dragon Festival in Minami-Seki Festival and Tonkararin 南関町の大蛇山祭りと、トンカラリンの謎(和水町&安芸津町) 日本の謎です。トンカラリンの謎です。ワイフと私は、2015年07月 安芸津町のトンカラリンをみてきました。その報告とあわせて、熊本県・和水町のトンカラリンの謎解きです。なぜトンカラリンが、ここにあるか。それが最大の謎ですね。「謎の点と線」の手法で、迫ってみます。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/HnlsVupwn3Q Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 なおあくまでも仮説ですが、私はこう考えます。 (1) トンネルは、古墳とつながっている。 (2) トンネルは、一方の端で、地下室とつながっている。 (1) の部分については、道路工事、および古墳地域の緑地公園化で破壊されている可能性が高い。 (2) の部分については、未発見だが、位置的にみて、神社の下あたりに、大きな部屋があるのではないかと、推察される。 The Tonkararin tunnel structure is a 464.6 meter long, tunnel-like structure of unknown origin, situated in the Nagomi machi, Kumamoto Prefecture. It lies on a plateau called Seibaru Daichi, around which are many kofuns or tomb mounds, such as Eta-Funayama Kofun. It consists of very shallow natural slits of the ground covered with stones and man-made stone-structured underdrains. The name of Tonkararin came from the sound of a stone, when the stone is thrown into the tunnel. トンカラリンに関しては民間伝承もなく、排水路説、古代人の信仰遺跡説、道教由来説、古代朝鮮由来説などの諸説があるが、未だに定説はない。 熊本県教育委員会は1974年に現地調査を行い、1978年3月に「近世の排水路」との調査報告書を一旦は発表したが、用水路説と信仰遺跡説も検討すべきと将来の検討にゆだねている。 2001年に同教委と当時の菊水町教育委員会が再調査し、「排水路」にしては不都合な点が多すぎるとして、現在は再び「謎の遺跡」とされている。 この調査では第2のトンカラリンが2001年に発見され、さらに第3、第4のトンカラリンが埋蔵されている可能性も指摘されている。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 23rd, 2015 はやし浩司 Minakami-yama,Akistu,nan-kan-cho,安芸津,トンカラリン,龍蛇神,南関町,大蛇山祭,Minami-Seki,Minamiseki-machi,Tonkararin,Strange Tunnels,謎の点と線,はやし浩司,謎の点と線,トンカラリン,和水町,安芸津町,Tonkararin,古代,謎のトンカラリン,トンカラリンの謎,トンカラリンの謎と答え,Mistery and Answer to Tonkararin,とんからりん,文明,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines.林 浩司 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1506+1320+1319+1251+661 An UFO over Shizuoka-city, witnessed on Feb.20th, 2015 by Haruhiko Amano, Shizuoka, Japan Haruhiko Amano succeeded in taking some photographs of it and here you can see it. 2015年2月20日、静岡市在住の天野治彦氏が、清水山の公園でUFOを目撃し、写真撮影に成功なさいました。 この写真に撮られたUFOは、第一級の研究資料となりうるものです。 +Massive UFOs over Shizuoka-city, on Nov.29th, 2014 2014年11月29日に、静岡市上空に現れたUFOの大群 月面上のエイリアンの基地(+660の再検証) (Aliens’ Bases on the Moon+Reexaminatio of V.No.660) ある科学者の暴露証言 660号の再検証版+月の裏側にあるエイリアン基地についてのビデオです。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/mQjhNyNK2is Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. これらは、「はやし浩司説」です。内容の転用、転載、盗用、流用は、厳禁です。 Haruhiko Amano 天野治彦 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 24th, 2015 天野治彦,Haruhiko Amano,月面のUFO基地,Aliens Bas on the Moon,暴露証言,月の裏側,Back Side of the Moon,UFO,飛行ルート,見たものは見た,はやし浩司,Hiroshi Hayash,iブーメラン型UFO,くの字型UFO,V字型UFO,LetterV-shape,UFO,Boomelang-shapedUFO,Hiroshi Hayashi,Mysteries of Ancient Civilizations,Boomerang-shaped UFO,V-shaped UFO,in Japan,ブーメラン型,UFO,はやし浩司,UFO’s flying routes,Air route of UFO,UFO on the Moon,UFO on Moon,クの字,UFO 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1507+1410 Xi Wangmu is Jomon Inanna in her origin. (西王母のルーツは、日本のイナンナだった。) The Queen Mother of the West or Xi Wangmu  is a Chinese goddess known from ancient times. The first historical information on her can be traced back to oracle bone inscriptions of the fifteenth century BC that record sacrifices to a "Western Mother". From her name alone some of her most important characteristics are revealed: she is royal, female, and is associated with the west. The growing popularity of the Queen Mother of the West, as well as the beliefs that she was the dispenser of prosperity, longevity, and eternal bliss took place during the second century BCE when the northern and western parts of China were able to be better known because of the opening of the Silk Road.(Wikipedia) Who is she? Where was she from ? Today’s story is about the Mystery of Xi Wangmu. 西王母 中国古代の仙女。崑崙 (こんろん) 山に住み,不老不死の薬をもつ神仙といわれ,仙女の世界の女王的存在として長く民間で信仰された。 西王母とはだれなのか。 どこから来たのか。 どんな世界にも、2人の支配者は存在しない。 女神であれば、なおさら。 この地球には、ひとりの女神しかいなかった。 それがイナンナ。 またの名をイシュタール。 またの名をマリア。 中国では、西王母。 ……という話です。 きっかけは、ransukeさんの投稿です。 それには、1枚の絵とともに、こうありました。 「西王母は、イナンナやマリア的な感じがします」と。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/OsOAhZyLX4c Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. これらは、「はやし浩司説」です。内容の転用、転載、盗用、流用は、厳禁です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 25th, 2015 西王母,Xi Wangmu,Inanna,Xi Wangmu is Inanna,Jomon Inanna,Goddess in China, 中国の女神,ルーツ,血洗神社,蔦模様,神仙,仙女,不老不死, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1508 Enki in Japan 日本にいたエンキ 縄文文明の謎(縄文土器・土偶の謎と、その答え@井戸尻考古館にて) Mystery of Clay Figures and Earthenware and its answer at Idoziri Acheological Museuma, Nagano, Japan Jomon civilization is Father of other civilizations around the Pacific Ocean, including such as Maya, Inca and American Indians. Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/_ovfGE_2N4A Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 Wikipedia says, Dogū "clay figures" are small humanoid and animal figurines made during the late Jōmon period (14,000–400 BC) of prehistoric Japan. A Dogū come exclusively from the Jōmon period. There are various styles of Dogū, depending on exhumation area and time period. According to the National Museum of Japanese History, the total number found throughout Japan is approximately 15,000. The purpose of the Dogū remains unknown and should not be confused with the clay haniwa funerary objects of the Kofun period . 長野県の井戸尻考古館に、一風変わった土器が展示されています。 が、土器ではありません。 土偶です。 頭の部分は、別のところにあります。 で、今日はその謎解きに挑戦してみますが、まずransuke さんからのメールをお読みください。 三星堆遺跡のartifacts について、手の形がバビロニアで発掘されたニンフルサグの土偶のそれに似ている、と。 で、何枚かの写真を届けてくださいました。 が、このことが、井戸尻考古館にある土偶の謎を解くための、たいへん重要なヒントとなりました。 なおその中国でも、これらのartifactsについて、女媧か伏羲かという議論はなされているようですが、それ以上のことは不明となっているようです。 まず神々の歴史ですが、ゼカリア・シシッチの説を簡単に説明しておきます。 簡単に言えば、かつてこの地球は、アヌ王が支配する惑星でした。 その息子が、エンキとエンリル。 しかし実際の支配権は、エンリルが握っていました。 地球へ来る前から、この2人の兄弟は対立関係にあったといいます。 が、対立を決定的にしたのは、人間の改造をめぐっての争いでした。 人間の改造を進めようとするエンキ、それに反対するエンリル。 エンキは、半身、龍の龍族、エンリルは、レプタリアン族。 が、やがて、今から4000年ほど前、突然、アヌ王以下、アヌナンキたちは、この地球を去ることになります。 残ったのは、エンキの息子のマルドゥック、それにエンキ、エンリルの孫娘のイシュタール。 イシュタールはエンリル派です。 この両者は、はげしく対立します。 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. これらは、「はやし浩司説」です。内容の転用、転載、盗用、流用は、厳禁です。 Hiroshi Hayashi はやし浩司 July 26th, 2015 Idoziri Archeological Museum,井戸尻,長野,甲府,井戸尻,考古館,doki,Earthenware,clay figures,土器,土偶,宇宙服を着たエイリアン,Alien in spacesuit,Hachinohe,Hakodate,Azteca,Maya,マヤの土偶,八戸,函館,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Jomon Earthernware,Mystery of Jomon Earthernware,UFO in Japan,UFO in ancient Japan,縄文,土器,縄文式土器,縄文式土器の謎,古代日本のUFO,はやし浩司,Hiroshi Hayashi, Mystery of Japan,謎の古代文明,Hiroshi Hayashi,Hamamatsu,Mystery,Ancient Civilizations,Aliens,文明の謎,はやし浩司,異星人,宇宙人,神々,Ancient History,歴史の謎,謎の歴史,Mysterious Lines,林 浩司, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】 1509+1504+1268 Mystery of Kai-gawa River,Hoshino-miya Shrine(粥川・星宮神社の謎) Nue Monster in Fukubega-take(瓢が岳(ふくべがたけ)に住む妖怪) “Koma-inu" or Guardian dogs are not dogs, but they are Enlil, the God of Gods. 狛犬(こまいぬ)は犬ではない。狛犬は、神の中の神、エンリルだった。 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 https://youtu.be/BRtGL5Erdr8 Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司 These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name. アイデアの盗用、転用、流用は禁止です。 July 27nd, 2015 Hiroshi Hayashi はやし浩司 鵺,nue,Nue Monster,妖怪,粥川,かいがわ,白鳥,郡上,郡上踊り,川崎,星宮,円空,しろとり,shirotori,gujo,郡上踊り,Bon Dancing,Enku,Ishtar Gate,Enlil,Enki,Guardian dogs,lion-dogs,狛犬,こまいぬ,Guardian dogs,Azteca,Lion dancing,獅子舞,ワカ・パルティーダ,ペルー,彩色レリーフ,古代アンデス,神戸市外国大,発掘,sacrifice,human sacrifice,生贄,生け贄,Inca,Cuzco,Verneukpan,Maya,Incaインカ,エイリアンの奴隷,Olmeca,Annunaki,Igigi,African in Mexico,Mine Site in South Africa, Verneukpan,フェルヌークパン,オルメカ,アヌンナキ,ニビル,謎の古代文明, 【Hiroshi Hayashi******July  2015******はやし浩司・林浩司】

« 鵺の仔(ぬえのこ) | トップページ | ダビンチは1500年後のイエスであったbyはやし浩司 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代文明の謎 by はやし浩司(2015-7月):

« 鵺の仔(ぬえのこ) | トップページ | ダビンチは1500年後のイエスであったbyはやし浩司 »

無料ブログはココログ